映画化原作 8月26日(金)全国東宝系ロードショー! 池井戸潤 竹内涼真×横浜流星 W主演 監督:三木孝浩

『アキラとあきら 上』

二人の宿命が交錯する──。
小さな町工場の息子・山崎瑛(やまざきあきら)。そして、日本を代表する大手海運会社東海郵船の御曹司・階堂彬(かいどうあきら)。同じ社長の息子同士でも、家柄も育ちもまったく違うふたりは、互いに宿命を背負い、運命に抗って生きてきた。強い信念で道を切り拓いてきた瑛と、自らの意志で人生を選択してきた彬。それぞれの数奇な運命が出会うとき逆境に立ち向かうふたりのアキラの、人生を賭した戦いが始まった──。

書名:アキラとあきら 上
著者名:池井戸 潤
2020年8月20日発売
定価:638円(税込)
文庫判/384ページ
ISBN:978-4-08-744142-0

『アキラとあきら 下』

運命に負けるな!
本当の人生をつかめ!
ともに入行した産業中央銀行で雌雄を決することになったふたりのアキラ。そんな中、彬の実家に異変が起きる。家業を立て直すため、父から会社を継ぐことを決意する彬。バンカーとしての矜持を持ち続ける瑛と、若くして日本の海運業の一翼を担う企業を率いることになった彬の人生が交差するとき、ふたりの前に新たな難題が。若きバンカーたちの半生を瑞々しく描く青春ストーリー!

書名:アキラとあきら 下
著者名:池井戸 潤
2020年8月20日発売
定価:638円(税込)
文庫判/352ページ
ISBN:ISBN:978-4-08-744143-7

解説──圧巻にして極上、池井戸潤は新たなる次元へ
村 上 貴 史

著者

池井戸 潤

1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。
98年『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞を受賞。
2010年『鉄の骨』で第31回吉川英治文学新人賞を、11年『下町ロケット』で第145回直木賞を受賞。
主な作品に、「半沢直樹」シリーズ(「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」「アルルカンと道化師」)、 「下町ロケット」シリーズ(「ガウディ計画」「ゴースト」「ヤタガラス」)、『空飛ぶタイヤ』『七つの会議』『陸王』『民王』『民王 シベリアの陰謀』『花咲舞が黙ってない』『ルーズヴェルト・ゲーム』『ノーサイド・ゲーム』『シャイロックの子供たち』などがある。