web 集英社文庫 トップページへ戻る
集英社文庫 必見!! 必読!!この春、話題の映像化作品
風のダンデライオン 七人の敵がいる たぶらかし

(C)川端裕人・集英社/NHK・NEP・NAS
風のダンデライオン 銀河のワールドカップ ガールズ 川端裕人
【ドラマ情報】

銀河へキックオフ!!

NHK総合テレビ:
4月7日より 毎週土曜午前9時30分〜9時55分

NHKBSプレミアム:
4月3日より 毎週火曜午後7時00分〜7時25分

NHKBSプレミアム:
1〜5話の先行放送
3月26日〜30日 午後7時00分〜7時25分

NHK アニメワールド 銀河へキックオフ!!

詳しくはBOOK NAVIへ
試し読みはこちら!
風のダンデライオン 銀河のワールドカップ ガールズ
川端裕人
定価:400円
さあ風になれ! エリカ、走るんだ!
大人のチームに挑むサッカー少女の物語

理想のプレイスタイルはスピードスター。それが小学5年生のサッカー少女、高遠エリカの信条だった。でも、所属していた女子チームは解散してコーチも仲間もいなくなり、練習相手を探すのもひと苦労。ある日、下手くそなくせに声だけ大きな少年・翼と一対一をしているうちに、なでしこ日本代表の有名選手と出会う。自分たちでチームを作ればいいと言われ……。大人のチームに挑む小学生たちの物語。


詳しくはBOOK NAVIへ
試し読みはこちら!
銀河のワールドカップ
川端裕人
定価:780円
日本一、世界一、いや宇宙を目指すんだ!
驚異の少年たちの夢への挑戦

元Jリーガーの花島は、失業中。ひょんなことから小学生に誘われ、公園でサッカーをすることに。しぶしぶ加わった花島だったが、不思議な三つ子のプレイに目を奪われる。三人とも同じ顔の男の子。それが絶妙なパス回しやドリブルでどんどん点を重ねていく。恐るべき才能に驚く彼は、コーチを引き受けたが……。少年たちの友情とサッカーのダイナミズムを鮮やかに描ききった新感覚青春小説。

【著者紹介】
川端裕人:
1964年兵庫県明石市生まれ。千葉県千葉市育ち。
東京大学教養学部卒業。日本テレビ入社後、科学技術庁、気象庁担当記者を経て、97年退社。
1998年『夏のロケット』で作家デビュー。著書に『リスクテイカー』『川の名前』『エピデミック』などがある。
川端裕人の本


(C)東海テレビ
七人の敵がいる 加納朋子
【ドラマ情報】

七人の敵がいる!〜ママたちのPTA奮闘記〜

東海テレビ制作・フジテレビ系全国ネット
4月2日より毎週月〜金 ひる1時30分〜放送
出演 真琴つばさ 有森也実 小林綾子 小林幸子 他

七人の敵がいる!〜ママたちのPTA奮闘記〜 東海テレビ

詳しくはBOOK NAVIへ
試し読みはこちら!

特設サイトはこちら
七人の敵がいる
加納朋子
定価:650円
ダンナにも知ってほしい…小学生の母親はこんなに大変!
痛快!たたかうママの物語

編集者としてバリバリ仕事をこなす山田陽子。一人息子の陽介が小学校に入学し、少しは手が離れて楽になると思ったら──とんでもない! PTA、学童保育所父母会、自治会役員……次々と降りかかる「お勤め」に振り回される毎日が始まった。小学生の親になるって、こんなに大変だったの!? 笑って泣けて、元気が湧いてくる。ワーキングマザーの奮闘を描く、痛快子育てエンターテインメント。

【著者紹介】
加納朋子:
1966年福岡県生まれ。文教大学女子短期大学部卒業。
92年『ななつのこ』で第三回鮎川哲也賞を受賞し、作家デビュー。
95年『ガラスの麒麟』で第48回日本推理作家協会賞を受賞。
著書に『月曜日の水玉模様』『ささら さや』『沙羅は和子の名を呼ぶ』『レインレイン・ボウ』『少年少女飛行倶楽部』など。
加納朋子の本


(C)安田依央/集英社・読売テレビ
たぶらかし 安田依央
【ドラマ情報】

たぶらかし〜代行女優業・マキ〜

読売テレビ・日本テレビ系全国ネット
4月5日より毎週木曜23時58分〜放送

出演 谷村美月 山本耕史/段田安則 他

七人の敵がいる!〜ママたちのPTA奮闘記〜 東海テレビ

詳しくはBOOK NAVIへ
試し読みはこちら!

安田依央×荻原浩 対談
たぶらかし
安田依央
定価:540円
あなたの「代役」演じます。
第23回小説すばる新人賞受賞作!

元舞台女優のマキ、39歳。あやしげな事務所に所属し、市井の人々の中で誰かの代役を務める「役者」を仕事にしている。多忙なセレブ母の代理として子供の学校に赴いたり、夫の親戚との付き合いを厭う新妻の身代わりや、更にはワケありな葬儀での死体役まで、様々な役柄をこなしている。そんな中、あやしい青年・モンゾウがマキに無理やり弟子入りしてきて……。

【著者紹介】
安田依央:
1966年大阪府生まれ。『たぶらかし』で第23回小説すばる新人賞を受賞。
ミュージシャン、司法書士など、さまざまな「顔」を持つ。
安田依央の本

このページのトップページへ