いきなり文庫!

毎月刊行! 文庫だけのオリジナル作品! 毎月刊行! 文庫だけのオリジナル作品!

文庫オリジナル、文庫書き下し……などなど、いままで様々な呼び名がありましたが、私たち集英社文庫では、単行本にせず、文庫版で初めて本として世の中に出す作品を「いきなり文庫」と名付ける事にしました。文字通りいきなり文庫になる、フレッシュな作品群です。新しい書き手、新しい物語をより早く読者の皆様にお届けしていきたいと思います。

今月の「いきなり文庫!」

  • 辻番奮闘記二 御成

    将軍家光の寵愛をめぐり、老中たちの権力抗争勃発。

    三代将軍家光は、島原の乱鎮圧後、島原藩松倉家を潰した。牢人となった旧藩士たちは、松倉家と隣接する平戸藩松浦家へ狼藉をしかける。苦慮した松浦肥前守は、再び斎弦ノ丞を辻番に任命し、家の安泰を図ろうとする。一方、将軍W御成Wの栄誉を巡り、松平伊豆守ら重臣の権力抗争が激化。このW御成Wを狙う企みを知った弦ノ丞に密命が下るが……。藩のため奮迅する辻番たちの活躍! 書き下ろし時代小説。

    書きおろし
    詳しくは BOOK NAVIへ チョット試し読み
  • うつくしい人 東山魁夷

    日本画の巨匠の知られざる素顔。ある中学教師との奇跡の交流、感動の記録。

    東山魁夷と特別な親交を結んだ中学教師がいた。1980年、文化祭の企画が縁のはじまり。翌年、著者は生徒たちと展覧会に招待され、子どもたちを大人と対等に客人として遇する画伯の態度に感動する。子どもたちへのまなざしが共感を生んだのか、東山夫妻との交流は続いた。「あの方にして、あの絵あり」。著者が目の当たりにした、巨匠の知られざる素顔。魁夷作品の鑑賞に奥行きを加えてくれる感動の書。

    詳しくは BOOK NAVIへ チョット試し読み
  • 短編アンソロジー 味覚の冒険
    短編アンソロジー 味覚の冒険

    集英社文庫編集部 編

    『食』にまつわる厳選14本、読んで出るのは唾液か、胃液か!?

    五感の中でもっとも記憶が薄れないのが味覚。人間は食とともにある。健康のためには一日三食、規則正しい食生活を。心の健康のために、一日一作、規則正しい読書生活はいかが? ただしご注意を。「食」ではなく「味覚」、しかも「冒険」と銘打たれたこのアンソロジー、一筋縄ではいかないかも。ただ、14編どれもがリアルな味覚に訴えかける迫力と、飛び切りの面白さを備えていることは保証します。

    詳しくは BOOK NAVIへチョット試し読み
  • 夢に会えたら むすめ髪結い夢暦

    ひそかな夢が叶うよう、娘たちは髪結いに願いを託す。

    武家の出身ながら、髪結いとして生きる少女・卯野。友人の花絵と、新しい商いの相談も楽しい日々を送っている。近頃ひいきの青物問屋のお嬢さん・里世は、火消しに恋をしているらしい。「恋を叶える」という卯野の噂を信じているようだが、度を超した頻度で呼ばれるようになり、家族も心配している様子。どうやら里世の思いは、ただの恋心ではないようで……。むすめ髪結いの奮闘記、第3弾。

    書きおろし
    詳しくは BOOK NAVIへ チョット試し読み