第1回 エブリスタ×ナツイチ小説大賞受賞作!『宅飲み探偵のかごんま交友録』冨森駿 面白さ“桜島”級!第1回 エブリスタ×ナツイチ小説大賞受賞作!『宅飲み探偵のかごんま交友録』冨森駿 面白さ“桜島”級!

鹿児島の魅力が詰まった
青春ミステリー!
大学三年生の晴太は、憧れの先輩・小春に大告白。しかし途中で桜島が大噴火。返事の代わりに謎の指令を下された彼が向かった先には、料理をしながら筋トレをするマッチョがいた。そして今度はその男に買い出しを命じられる。小春と恋仲になりたい一心で渋々使い走りをするが……。

『宅飲み探偵のかごんま交友録』

宅飲み探偵のかごんま交友録 冨森駿
定価:本体620円(+税)
文庫版:280ページ
ISBN:978-4-08-744125-3

個性的なキャラクターが大活躍!

主な登場人物たち

  • 小金井晴太大学三年生
    主人公。文学青年。先輩の小春に一目惚れし、一世一代の告白をするが、返事の代わりに謎の指令を下される。料理経験はゼロ。
  • 謎の男・夏輝大学三年生
    引きこもりマッチョ。超料理上手。高い洞察力と推理力で日常の謎を解決する。だれにでも横柄な態度をとる。女性は苦手。
  • 清田小春大学院生
    晴太の恋する先輩。古風な美人で多くの男が求愛をするも、みな恋仲となる条件として要求してくる無理難題に打ち破れてしまう。通称「清田家のかぐや姫」。
  • 岸本大輔大学一年生
    スーパーの新人アルバイト。
    真面目な好青年で、獣医になって自分の病院を持つのが夢。
  • 西牟田亜子大学三年生
    晴太の友達。晴太の恋が成就するように手助けをする。
    天真爛漫な性格で、天文館で飲み歩くのが趣味。
  • 二木武明大学三年生 文学部
    小春に恋をし、三日三晩悩み明かした末に亡霊の声(寝不足による幻聴)を聞いたことでオカルト研究に没頭する。「ぬらりひょん様」と畏怖されている。

巻末付録付!

夏輝の料理教室「フライパンでできる! 本格パエリア」

自炊経験なしの私でもネットに頼らずに
美味しく作れました!(担当編集)

【著者】

冨森駿(とみもりしゅん)

1992年生まれ。中学校教諭。2020年、『宅飲み探偵のかごんま交友録』で、第1回エブリスタ×ナツイチ小説大賞を受賞し、デビュー。

著者より

「日々のタスクに追われるでもなく、明日のノルマを気にするでもない。
些細な話題で盛り上がり、居心地の良い空間で仲間と夜を明かす。
とびきりに輝いてはいないけれど、ふとした時に何度も振り返る、あの瞬間。
そんな過去の憧憬に、ちょっぴり不思議な謎をアクセントとして加え、物語にしました。
南国情緒あふれる日常の謎をお楽しみください!」

担当編集より

本書の特徴は3つあります。

その1。鹿児島といえば、風光明媚な土地柄で、料理や酒が美味しく、特産物も有名ですよね。本書ではそんな鹿児島の魅力をふんだんに描いています。読んだら行きたくなること間違いなしです!

その2は、個性豊かな登場人物たちです! ことあるごとに仲間内で集い、賑やかに過ごす彼らを見ていると、読んでいる方まで楽しい気分になり、いつまでも彼らの成長を見守りたくなります。

その3は、夏輝が作る本格手料理の数々です。宅飲みといえば、コンビニやお惣菜で済ませることが多いですが、夏輝が作るつまみはどれも本格的! 飯テロ被害、要注意です。

集英社文庫最大のフェア<ナツイチ>。その名を冠した小説賞の第一回目受賞作として自信を持ってオススメする作品です!

『宅飲み探偵のかごんま交友録』

宅飲み探偵のかごんま交友録 冨森駿
定価:本体620円(+税)
文庫版:280ページ
ISBN:978-4-08-744125-3