web 集英社文庫 トップページへ戻る
新刊情報 担当者からのオススメ! 今月の特集 コラム 今月のPOP アンケート 恋する四字熟語
恋する四字熟語
恋する四字熟語

初級篇 以心伝心(いしん・でんしん)
意味: 文字や言葉によらず、心と心で通じ合うこと。言葉であらわすことのできない仏教の奥義を、師から弟子の心に伝えるという禅の奥義の伝承方法から転じて。示し合わせたわけではないのに、考えや言動が偶然一致した場合などにも用いる。「心を以て心に伝う」とも読む。
類義語: 感応同交(かんのう・どうこう)
神会黙契(しんかい・もっけい)

 知り合った頃、『ロズウェル/星の恋人たち』という海外ドラマが流行(はや)っていた。UFО墜落事件で知られるニューメキシコ州の田舎町ロズウェルに、不思議な転校生が現れる。主人公の女子高生が発砲事件に巻き込まれたとき、彼女の傷を不思議な力で癒し、命を救った少年に、主人公は言う。
「あなたは……」
 どこから来たの? 声にならない問いかけに、彼は黙って空を指す。宇宙から来た異星人と地球の普通の女の子のラブストーリーだ。
 飲みたくなったらお酒、眠たくなったらベッドという感じで、何も言わずともしてほしいことをしてくれる彼に、わたしはよく冗談で「あなたは……」とドラマの真似をした。彼は、真面目な顔で空を指差した。好きになった人を「魔法使い」とか「詐欺師みたい」と思ったことはあったけれど、「宇宙人」は初登場だ。
 言葉にしなきゃ伝わらない、でも言葉にならない。そんな場面でも、彼にはわたしの言いたいことがわかったはずだし、彼がわかったということがわたしにもわかった。先回りして尽くすというのでもなく、彼のしてくれることは過不足がなかった。ごくたまに、わたしが食べたかったお菓子の、明らかに隣に陳列されていそうなコンビニデザートを買ってきたり、イタリアン・トマトのケーキを買いに行こうと思っていたら、ミスタードーナツを持って現れたこともあった。微妙に惜しい。
 彼の実家に遊びに行って、彼の妹がわたしが飲みたいと思った瞬間に水を持ってきたときには、本当に星から来た一族かと思った。でも、実際には、彼はわたしを好きで、よく観察し、一度言ったことや好きな食べ物を記憶し、気持ちを推し量ってくれていたのだろう。恋人が「魔法使い」や「詐欺師」 になるのと同じからくり。記憶の中の彼は、いつも小走りだったし、 i-mode でよくわたしのために調べものをしていた。
 何年か経って、抱きしめてほしいのに言えなかったり、こんなことを言いたいわけじゃないと思いながら誰かにひどいことを言った後、いつもぴったり、してほしいのと同じ回数だけキスをしてくれた彼のことを思った。
 あの頃、彼がいつでもわたしの欲しいものを持っていたことのほうが今は不思議に思える。それを言わなくてわかっていたことよりも、ずっと不思議で特別な奇跡だった。

   4    次へ

Profile
佐藤真由美 Sato Mayumi
1973年新潟県生まれ。女性誌編集者として取材した、歌人・枡野浩一との出会いをきっかけに、短歌を作りはじめる。2002年、第一歌集『プライベート』上梓。歌集に『きっと恋のせい』(マーブルトロン)、その他、『恋する短歌 22 short love stories』『恋する歌音(カノン) こころに効く恋愛短歌50』など(以上すべて集英社文庫)。「小説すばる」にて発表している恋愛小説も好評で、さらなる注目を集めている。
ヨシタケシンスケ Yoshitake Shinsuke
1973年神奈川県茅ヶ崎市生まれ。筑波大学大学院 芸術研究科総合造形コース修了。広告美術や依頼造形の仕事をするかたわら、独特の観察眼によって切り取った人間模様をスケッチして注目を集める。主な著書に『しかもフタが無い』(PARCO出版)、『やっぱり今日でした』(ソニー・マガジンズ)、『じゃあ君が好き』(主婦と生活社)など。
http://www.BIGART.gr.jp/members/yoshitake/
まえがき


初級篇 中級篇 上級篇 故事成語篇
このページのトップページへ