日本人なのに戸籍がない―

それがどういうことか、考えたことはありますか?

無戸籍の日本人

ISBNコード:978-4-08-745692-9
判型/総ページ数:文庫判/424ページ
定価:720円(本体)+税
発売日:2018年1月19日

日本に1万人以上はいると言われる無戸籍者。貧困、差別、暴力……彼らが直面する現実は過酷なものだ。なぜ、無戸籍なのか? なぜ、その数は減らないのか?日本社会の制度の歪みを浮き彫りにする衝撃のノンフィクション!
【著者について】井戸まさえ

1965年生まれ。東京女子大学卒業。松下政経塾9期生。5児の母。東洋経済新報社勤務を経て、経済ジャーナリストとして独立。兵庫県議会議員を2期、衆議院議員を1期務めた。NPO法人「親子法改正研究会」代表理事、「民法772条による無戸籍児家族の会」代表として無戸籍問題、特別養子縁組など、法の狭間で苦しむ人々の支援を行っている。著書に『日本の無戸籍者』、佐藤優との共著に『子どもの教養の育て方』『小学校社会科の教科書で、政治の基礎知識をいっきに身につける』『不安な未来を生き抜く最強の子育て 2020年の大学入試改革に打ち勝つ「学び」の極意』などがある。


是枝裕和(これえだ・ひろかず)

1962年、東京生まれ。映画監督、テレビディレクター。制作者集団「分福」代表。2004年『誰も知らない』でカンヌ国際映画祭最優秀男優賞受賞。13年『そして父になる』で同映画祭コンペティション部門審査員賞受賞。国内外で高いリスペクトを集める。