今月の新刊

次月刊行予定
芙蓉の干城
芙蓉の干城
松井今朝子
定価:
858円(税込)
ISBN:
978-4-08-744315-8
解説:
松岡和子

昭和八年東京。木挽座観客の右翼大幹部惨殺! 人間の情念を探る圧巻の時代ミステリー。
第四回渡辺淳一文学賞受賞作

日中戦争間近の昭和八年東京。歌舞伎の殿堂木挽座を訪れた右翼結社大幹部と芸妓が惨殺された。築地署は、役者や裏方の信頼厚い江戸歌舞伎作者の末裔・桜木治郎に協力を要請。桜木は、荻野沢之丞の楽屋で被害者を見たことを思い出す。さらに夭折した天才役者の評伝取材で、劇場を熟知したトリックに気づき……。芸と欲に搦めとられた人間の情念を炙り出す劇場時代ミステリー。第四回渡辺淳一文学賞受賞作。

夢の島
夢の島
大沢在昌
定価:
1155円(税込)
ISBN:
978-4-08-744316-5
解説:
池井戸 潤

大沢在昌の魅力を凝縮した一冊だ。池井戸潤さん
24年間音信不通だった父が残した巨万の富を生む遺産≠ニは──!? それに群がる悪党たち!

24年間音信不通だった父が亡くなった。その知らせを受け、駆け出しのカメラマン・信一は、画家だった父の形見として一枚の絵を手にすることに。すると、急に大きな仕事の依頼が舞い込む。さらに、ヤクザに脅され、W父の友人Wから妙な連絡があり、とにかく不穏だ。そして、父が残した「遺産」は無限の富を生み出すという事実まで明るみに。父はどんな人物だったのか、そしてその遺産とは何なのか──。

赤い追憶 阿刀田高傑作短編集
赤い追憶 阿刀田高傑作短編集
阿刀田 高
定価:
726円(税込)
ISBN:
978-4-08-744317-2
解説:
諸田玲子

妻の秘密、夫の背信、女の妄想──人間の裏に隠された不可思議で妖しい謎
短編の名手が放つ戦慄のミステリー11編。いきなり文庫!

夫は妻の仕事をよく知らずに結婚。ある日、妻が薔薇を手に町を歩く姿を目撃し尾行する。秘密に気づいた時、夫は……「薔薇配達人」。妻は笑顔の優しい夫の早世を悲しんだ。死の間際にW会いに来るWと言ったが……「花あらし」。男は若い頃に交際した女と出張で再会。旅先の遊びだったが、女の秘めたる激情に震撼し……「爪のあと」。人間の裏に隠された妖しく不気味な謎を鮮やかに描く、戦慄のミステリー11編。

われは歌えどもやぶれかぶれ
われは歌えどもやぶれかぶれ
椎名 誠
定価:
792円(税込)
ISBN:
978-4-08-744318-9
解説:
竹田聡一郎

ピロリにコロナに熱中症 もう、怖いものはありませんな
やぶれかぶれなシーナの日常

モノカキ人生も40年を過ぎると体のあちこちにガタが出てくる。おかげで長旅はおっくうになるし草野球では長打が打てないし、極悪ピロリ菌や不眠症のせいで若い頃は無縁だった通院が日課に……と、こぼしつつも痛飲はやめられず、シメキリ地獄に身を委ねてせっせと原稿を量産し、食が細くなったことを自覚しながらつい大盛りを頼んでしまう、やぶれかぶれのシーナの日常がみっちり詰まった一冊。

ポンチョに夜明けの風はらませて
ポンチョに夜明けの風はらませて
早見和真
定価:
748円(税込)
ISBN:
978-4-08-744319-6
解説:
岩城けい

泣きたかったら泣けばいい。逃げたかったら逃げればいい。──岩城けい(解説より)
『店長がバカすぎて』が刺さったすべての人に贈る感動と爆笑のロードノベル。

都立高校卒業式まであと39時間。受験先の岡山で足止めされた親友ジンを迎えに行くため、又八とジャンボは、黙って親から借りた車を勝手にWサンダーボルト号Wと命名し、発進! 友情という大義の旗の下、欲望と好奇心全開の一行は、予期せぬ同行者を増やしながら一路、西へ。行き当たりばったりの珍道中は彼らをどこへ誘うのか、そして卒業式には無事間に合うのか!? 感動と爆笑の青春ロードノベル。

喉の奥なら傷ついてもばれない
喉の奥なら傷ついてもばれない
宮木あや子
定価:
660円(税込)
ISBN:
978-4-08-744320-2
解説:
村山由佳

ぜひとも不用意に読み始めてほしい、そうして茫然と立ちすくんでほしい──村山由佳(解説より)
人妻たちが抱える欠落と渇望を描く6編。

五歳の娘を叩き、裸にして家の外に出す。かつて私が母親にそうされていたように。そんな日々の中、十七年前に駆け落ちした相手と再会した明日香は……(「天国の鬼」)。二十歳で八十歳の老人と金のために結婚した麻貴は、彼の息子とも孫とも寝ている。しかし旅先で出逢った清らな女学生に目を奪われ……(「金色」)。母の愛とは、正しさとは何なのか。欠落を抱えた人妻たちを描く六つの物語。

 
聖なるズー
聖なるズー
濱野ちひろ
定価:
726円(税込)
ISBN:
978-4-08-744321-9
解説:
松浦理英子

開高賞史上最大の問題作!
動物との性愛。性にタブーはあるのか。
第17回開高健ノンフィクション賞受賞作

犬や馬をパートナーとする動物性愛者「ズー」。大型犬を「僕の妻だよ」と紹介する男性。七匹のねずみと「群れ」となって生活する男性。馬に恋する男性。彼らはときに動物とセックスし、深い愛情を持って生活する。そんなズーたちと寝食をともにしながら、自身の性暴力体験を背景に、人間にとって愛とは何か、暴力とは何か考察を重ねる。人間の深淵に迫る、第17回開高健ノンフィクション賞受賞作。

義時 運命の輪
義時 運命の輪
奥山景布子
定価:
704円(税込)
ISBN:
978-4-08-744322-6

2022年大河ドラマ主人公・北条義時の半生
静謐な熱を込めた筆致でドラマチックに描く歴史小説!!
いきなり文庫!

北条義時。鎌倉幕府第二代執権の座に就くまでの彼は、あまりにも無力だった。姉・政子と義兄・頼朝の非情かつ強烈な個性に翻弄され、父・時政にはないがしろにされ続ける。己が権力を持つことなど、考えることさえできなかった。運命の輪が回り始めるまでは──。権力者の死、仲間の叛乱、数々の権謀術数、そして、叶わぬ恋。鎌倉で合議制をする十三人にも選ばれた義時の半生を静謐な熱を込めた筆致で描く歴史小説。

最新! 世界の常識検定
最新! 世界の常識検定
一田和樹
定価:
704円(税込)
ISBN:
978-4-08-744323-3

あなたの常識をチェックする50問で世界を正しく知ろう!
いきなり文庫!

「民主主義は世界の主流ではない」「Twitterは世界のSNS利用者トップ10には入っていない」って知っていましたか? 意外な事実が盛りだくさんの世界情勢やインターネットの最新知識を、クイズ形式で学べる1冊。知っているようでよくわからないアレコレ、この機会に確かめてみませんか。世界の時事ニュースなどを深く掘り下げるコラムも収録、「いま」の世界のかたちがわかります。

『五足の靴』をゆく 明治の修学旅行
『五足の靴』をゆく 明治の修学旅行
森 まゆみ
定価:
880円(税込)
ISBN:
978-4-08-744324-0
解説:
山田由香里

若き日の与謝野鉄幹 北原白秋ら、五人が綴った幻の紀行文
名著を味わい、名所を巡る感動と発見の旅へようこそ
世界遺産(文化遺産)「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を巡る付録つき

明治40年夏、与謝野鉄幹が北原白秋ら若き4人の詩人を連れて九州を旅した。「五人づれ」という連名で「東京二六新聞」に連載された紀行文『五足の靴』には、その後活躍する詩人たちの才能の萌芽を見ることができる。2018年、世界遺産に指定された長崎、天草の地も踏んでいた彼らの足跡を、森まゆみが歩いた記録。知られざる名著の解説書にして、歴史を体感できる旅へと誘う極上のガイドブック。

嘘つきは姫君のはじまり
嘘つきは姫君のはじまり
松田志乃ぶ
定価:
792円(税込)
ISBN:
978-4-08-744325-7

密室から姫君が消えた!?
破天荒姫君&乳姉妹が身分を入れ替えて謎を追う!

時は平安。美しくも破天荒な没落貴族の姫君・馨子と乳姉妹の宮子は貧しいながらも幸せに暮らしていた。ある日、馨子が超名門貴族・九条家のご落胤だと発覚、一家に迎え入れられることに。が、馨子には名乗り出られないある事情があった。脱・貧乏生活をもくろむ馨子の提案で主人と女房の立場を入れ替えた二人は九条家へと向かう。そこでは密室から姫君が消えるという事件が起きていて……!?

陰の将軍、烏丸検校 九代目長兵衛口入稼業 三
陰の将軍、烏丸検校 九代目長兵衛口入稼業 三
小杉健治
定価:
748円(税込)
ISBN:
978-4-08-744326-4
解説:
小梛治宣

江戸を荒らす敵には、将軍さまのご威光が!?
恋女房の助けを借りて、手強い悪に挑む長兵衛。
書き下ろし痛快時代小説 いきなり文庫!

江戸で人材斡旋業を営む幡随院長兵衛。ある日、御代官手付の筒井に料理屋へ呼ばれ、幡随院に寄宿する人殺し勝五郎を引き渡せと迫られる。だが、長兵衛は自分を頼ってきた男を護ると言い放つ。そこへ烏丸の左団次が乱入してくると筒井は逃げ出し……。烏丸検校の威を借る左団次の悪行を知った長兵衛は、恋女房や勝五郎達と探索を開始。町衆の平穏のため悪事を暴く粋な男の活躍を描く痛快時代小説。

朱花の恋 易学者・新井白蛾奇譚
朱花の恋 易学者・新井白蛾奇譚
三好昌子
定価:
759円(税込)
ISBN:
978-4-08-744327-1
解説:
三田主水

「美」と「奇」と「謎」の糸で「心」を織りなす物語──
実在の易学者・白蛾が江戸時代の京都で謎を追う。時代小説に新風を吹き込む話題作。
三田主水さん激賞!! いきなり文庫!

江戸時代に京都で名を馳せた易学者・新井白蛾。彼の霊能力は、易具である算木に秘められた美しき巫女・朱姫がもたらしたものだった。彼だけが見え、話ができる朱姫との清らかな恋。だが「秘易を手にするものが己のために占えば力を失う」という言葉通り、自らの運命は杳として知れなかった。京に相次ぐ火難の謎を追ううち、秘易の意味や出生の秘密等が明らかになり──。実在の人物を主人公に占術と恋を描いた時代小説。