今月の新刊

次月刊行予定
日付変更線 上
日付変更線 上
辻 仁成
定価:
720円+税
ISBN:
978-4-08-745763-6

第二次世界大戦時、日系アメリカ人だけで組織された伝説の部隊が存在した。
彼らは何を求めて戦ったのか──。
過去と未来、日・米・欧を結ぶ壮大なドラマ

その出会いは偶然か、必然か。葬儀屋で働きながら作家を志す日系四世のケイン・オザキ。遺骨をハワイの海に撒いて欲しいという祖父の遺言を叶えるため、日本からやってきたマナ。ひょんなことから知り合った二人だったが、実は祖父同士が第四四二部隊という日系人だけで構成された第二次大戦の伝説的な陸軍部隊で戦友だったことが分かり、物語は大きく動き出す。七十年の時を経て紡がれる一大巨編。

日付変更線 下
日付変更線 下
辻 仁成
定価:
700円+税
ISBN:
978-4-08-745764-3
解説:
SUGIZO

SUGIZO氏絶賛!
「時間と場所を超越した感動と、祝福の“旅”が読者を待っている。本作品を強く、全霊でお勧めしたい」

第二次世界大戦下、フランス戦線でドイツ兵と対峙する日系アメリカ人のニック、ロバート、ヘンリー。僕らは所詮、白人の弾除けなのか。“Go for broke!(当たって砕けろ)”を掛け声に戦う青年たちの心は次第に壊れ、行方も散り散りになった。あれから七十年、彼らの血を引くケインとマナは数奇な運命に導かれて出会う。歴史と信仰が交差するとき、生きることの本当の意味が姿を現す──。魂の邂逅が織り成す大河小説。

真昼の心中
真昼の心中
坂東眞砂子
定価:
640円+税
ISBN:
978-4-08-745765-0
解説:
花房観音

女の躯の奥から沸きたつ、快楽と欲望。
江戸の世の色事件(スキャンダル)を下地に生の意味を問う傑作小説集!

江戸を襲った大火で出会った寺小姓への恋心から付け火をしたといわれる八百屋お七。だが本当は、あの阿鼻叫喚の火の海の中で芽生えた、ある欲望が彼女を突き動かしていて──(「火の華お七」)。伊勢の遊女・おこん、大奥大年寄・絵島、「ご淫奔」と呼ばれた尾張藩主側室・本寿院……江戸の世で色事をめぐる事件を起こした女たちの心の内に渦巻いていた渇望とは。人間の欲望に迫る官能小説集。

芸人と俳人
芸人と俳人
又吉直樹/堀本裕樹
定価:
680円+税
ISBN:
978-4-08-745766-7
巻末エッセイ:
最果タヒ

意外や意外!? お笑いと俳句の共通点。
芥川賞作家 又吉直樹×気鋭の俳人 堀本裕樹
俳句の世界をナビゲート!

「難しくて解らないことが、恐ろしかった」──そう語る芸人・又吉直樹が意を決し、俳人・堀本裕樹のもとを訪ねた。定型、季語、切字などの俳句の基礎知識に始まって、選句、句会、吟行へとステップアップするにつれ、輝きが増していく俳句の世界。そして、気づいていく……俳句は恐ろしいものではないのだと。言葉の達人である二人のやりとりが楽しい、かつてない俳句の入門書、登場!

「リベラル」がうさんくさいのには理由がある
「リベラル」がうさんくさいのには理由がある
橘 玲
定価:
550円+税
ISBN:
978-4-08-745767-4

今の日本、もうイヤだ!? そもそも……「リベラル」って、何!?
ベストセラー作家橘玲が斬りまくる!

日本の「リベラル」はデタラメ? 世界標準から大きくかけ離れた日本独自の奇怪な思想である! 太平洋戦争の総括、憲法9条、従軍慰安婦問題、雇用・労働問題……あらゆる局面で高らかにあがる“リベラル”な人たちの声は、どうして政局に反映されないのか? 「リベラル」談義に慣れている人にも、そもそもそれ何よ、と思っているあなたにも分かりやすく、ベストセラー作家がズバリ提言!

勝ち過ぎた監督 駒大苫小牧 幻の三連覇
勝ち過ぎた監督
駒大苫小牧 幻の三連覇
中村 計
定価:
840円+税
ISBN:
978-4-08-745768-1
解説:
野村 進

北海道勢初の甲子園優勝、史上五校目の夏連覇、そして、前人未到の三連覇へ。
その男は栄光の裏で、何に怒り、何を渇望したのか。

2006年夏、甲子園決勝再試合に日本中が沸いた。早実VS駒大苫小牧。しかも駒大は、北海道勢初の全国制覇を成し遂げて以降負け知らず、前人未到の三連覇に王手を掛けていた。チームを率いるのは35歳の香田誉士史。輝かしい実績とは裏腹に、何が彼を満身創痍に追い込み、表舞台から引き摺り下ろしたのか。高校野球史上最も有名な監督を追った渾身作。第39回講談社ノンフィクション賞受賞作。

 
炭鉱町に咲いた原貢野球 三池工業高校・甲子園優勝までの軌跡
炭鉱町に咲いた原貢野球
三池工業高校・甲子園優勝までの軌跡
澤宮 優
定価:
640円+税
ISBN:
978-4-08-745769-8
解説:
江刺昭子

「三池工の優勝が僕の野球人生の原点です」原辰徳さん推薦!!
読売ジャイアンツ菅野智之さんにもインタビュー!

1965年、夏の甲子園。炭鉱町・大牟田の三池工業高校が、初出場・初優勝を成し遂げた。栄光へと導いた監督は、原貢。巨人軍の四番打者を務めた原辰徳の父で、球界のエース菅野智之の祖父にあたる。その快挙は、三池闘争や粉塵爆発事故に打ちひしがれていた町を大きく熱狂させた。語り継がれる厳しい指導法や、当時の常識を覆す戦術、今も色褪せないドラマを緻密な取材で追ったノンフィクション。

真説・長州力 1951-2018
真説・長州力 1951-2018
田崎健太
定価:
1,000円+税
ISBN:
978-4-08-745770-4

プロフェッショナルとはリキ・チョウシュウ!! と誰もが断言できる
異界の仕事の流儀を書き尽くした超力作。
水道橋博士推薦!!

不世出のプロレスラー、長州力の実像に迫る。在日差別にさらされた少年期、レスリングに出会いオリンピックにも出場した青年期、そしてプロレス入り後の栄枯盛衰。本人および関係者からの莫大な数の証言により、「噛ませ犬事件」をはじめとするプロレス史上の重大事件の意外な真相や知られざる側面が明らかになる。徹底的な取材で語り手の息遣いまでをも感じさせる、濃密なノンフィクション。

吉沢久子100歳のおいしい台所
吉沢久子100歳のおいしい台所
吉沢久子
定価:
760円+税
ISBN:
978-4-08-745771-1
詩:
谷川俊太郎

祝!100歳! 暮らしの達人、長寿の台所とは?
生涯現役を貫く長生きの秘密を大公開!

大正7年東京深川生まれの著者は、好奇心旺盛で食べることが大好きな少女だった。自立心が強く15歳で就職し独立。タイプライターと速記を学ぶと仕事が広がり、著名人達と貴重な出会いを得る。物のない戦時下では、知恵と工夫で料理を考え出した。結婚後、家事評論家となり、四季折々の暮らしを大切にしながら、合理的な生活改善を提案している。戦前戦後を生き抜いた百年長寿の台所の秘密を大公開!

日本人の英語はなぜ間違うのか?
日本人の英語はなぜ間違うのか?
マーク・ピーターセン
定価:
540円+税
ISBN:
978-4-08-745772-8
解説:
小栗左多里

あなたの英語がヘンなのは、真面目に勉強したから!?
〈ダーリンは外国人〉小栗左多里氏絶賛!
ベストセラー『日本人の英語』の著者が教える、リアル・イングリッシュ。

わたしたちが英語下手なのは、教科書のせいだった!? “ I’m from Shizuoka. So I live alone in an apartment.”東京の学生が書いたこの英文はなぜヘンなのか。英語教科書と、日本人が書いてしまいがちな英文に共通する特徴と問題点を指摘し、修正方法を教える。相づちから時制や動詞の使い方まで、ネイティブ・スピーカーの英語感覚が身につくヒントがいっぱい! 全レベルの英語学習者、必読の一冊。

ひとだま 隠密絵師事件帖
ひとだま 隠密絵師事件帖
池 寒魚
定価:
630円+税
ISBN:
978-4-08-745773-5
解説:
末國善己

幕末擾乱
人魂騒動 遊女失踪 天狗暗躍 絵師競演
いきなり文庫!

安政7年。大老井伊直弼が桜田門外に斃れ、幕府終焉の予感に満ちる江戸・品川宿。鋳掛屋の利助は長屋でひとだまを見たという。絵師で用心棒の誠之進は、師・河鍋狂斎と共に真相解明に乗り出すが、「天狗」と称する刺客に襲われる。怪談から攘夷派の陰謀へと、事態は俄かにきな臭さを帯び……。隠密の顔を持つ誠之進が幕末動乱期の裏表を目の当たりにする時代小説シリーズ、驚天動地の第二弾。

ザ・藤川家族カンパニー Final 嵐、のち虹
ザ・藤川家族カンパニー Final
嵐、のち虹
響野夏菜
定価:
720円+税
ISBN:
978-4-08-745774-2
解説:
佐川光晴

藤川家、ついに最終章!!
家族のありようを模索しつづける感動の物語。
いきなり文庫!

緑川勇次という男が藤川家にひょっこり現れた。彼は生まれたての十遠と母親を捨てた実の父親だった。いまさらそのことを謝りたいという勇次。父親に会いたいという十遠に七重は反発し、藤川家の他のメンバーも戸惑いを隠せない。そんな中、九重の妻・美晴と麗に不審な女の子が付きまとい始める。赤ちゃんと同じ名前と偽って近づく彼女の目的とは? 親子、そして家族の絆の真価を問う感動の最終巻!

終焉
終焉
ハラルト・ギルバース
酒寄進一・訳
定価:
1,100円+税
ISBN:
978-4-08-760752-9
解説:
堂場瞬一

ナチス敗退、ソ連軍侵攻、壊滅したベルリンの街
混沌。気合を入れて、一ページ目を開いてください。
堂場瞬一氏

1945年5月、ベルリン陥落。焦土と化した街をソ連軍が占領した。そんな中、ユダヤ人元刑事オッペンハイマーは、ソ連軍大佐の密命を受ける──ナチスの原爆開発に関わる資料を捜し出せ、と。一方、横行闊歩のソ連兵は、オッペンハイマーの妻リザをレイプ。それを知った彼は、相手への復讐の念に駆られるのだった。絶望の先に何があるのか? 劇的な展開のシリーズ、クライマックス!