今月の新刊

次月刊行予定
ダブル・フォールト
ダブル・フォールト
真保裕一
定価:
660円+税
ISBN:
978-4-08-745643-1
解説:
西上心太

被害者の娘VS被告人の弁護士
出会ってはいけない二人だったのか……。
逆転につぐ逆転の法廷ミステリー

人殺しの弁護は、正義なのか? 恩人を刺し殺したと自首してきた男。彼は人望ある工場経営者。新米弁護士・本條務は、被告人の弁護を任される。減刑を勝ち取るため、務は被害者の旧悪を調べ上げ、法廷で次々と暴く──。「もうやめてっ!」被害者の娘・香菜が叫んだ。務は悩みながらも、事件の真相を探ると予想外な展開が……。人間の陰影を鋭く切り取り、読む者の倫理観を問う、長編ミステリー。

いのちの姿
いのちの姿
宮本 輝
定価:
460円+税
ISBN:
978-4-08-745644-8
解説:
行定 勲

「見ること」の奥深さを教えられ、「いのち」の尊さを知った。今もこれからも宮本文学は私の血を滾らせ続けるのだろう。
映画監督 行定勲氏(解説より)

自分には血のつながった兄がいる。後年その異父兄を訪ね邂逅した瞬間を鮮やかに描く「兄」。十歳の時に住んでいた奇妙なアパートの住人たちの日常が浮かぶ「トンネル長屋」など、まるで物語のような世界が立ち上る──。自身の病気のこと、訪れた外国でのエピソード。様々な場面で人と出会い、たくさんのいのちの姿を見つめ続けた作家の、原風景となる自伝的随筆集。新たに五篇を収録した完全版。

岳飛伝 十二 飄風の章
岳飛伝 十二
飄風の章
北方謙三
定価:
600円+税
ISBN:
978-4-08-745645-5
解説:
西上心太

集英社文庫創刊40周年特別企画
森が叫び、海が吼える 霧の中に立ち現れるのは勝者か 心まで血にまみれ 戦は続く

呼延凌率いる梁山泊軍と兀朮率いる金国軍が、激戦を展開していた。両軍とも勇将を失うも、勝敗はつかず。そんな中、梁山泊水軍も動き出す。李俊は、交易船を狙う不穏な動きを見せていた韓世忠をついに追い詰め、打ち斃す。そして秦容と手を組んだ岳飛は、北への進撃の手始めとして南方・景ろうにいる辛晃軍五万に対して攻撃を開始──。あらゆる事態が急展開。各々が剛毅果断に挑む第十二巻。

信長 暁の魔王
信長 暁の魔王
天野純希
定価:
680円+税
ISBN:
978-4-08-745646-2
解説:
末國善己

その赤子を殺せ──
実母に呪われ軍神に寵愛された男の数奇な半生!

「その赤子を殺せ」生まれ落ちたその瞬間から実母・久子に呪詛されて育った信長。癇癪もちで傾いた姿で闊歩する〈大うつけ者〉は、元服直後の初陣で勝利する。十九のとき父・信秀が病に倒れ、死去。織田の家督を譲られた信長だったが、久子と弟・信行から壮絶な跡目争いを仕掛けられる──。親子の情を知らずに育ち、強くなりたいと切望し続けた、傑出の戦国武将の生き様を描いた歴史長編!

天空の約束
天空の約束
川端裕人
定価:
580円+税
ISBN:
978-4-08-745647-9
解説:
荒木健太郎

気象を予知する“空の一族”。自分たちは何者なのか!?
太平洋戦争時、“集められた”子どもたち。

かつて、いずれの時代にも重宝された能力があった──。〈微気候〉の研究者・八雲助壱は「雲の倶楽部」なるバーを訪れ、小瓶を預かった。八雲は、雲のアーティスト・かすみ、夢で天候を予知する早樹との運命的な巡り会いから、自分たちが代々受け継いできた“天候を感知”する能力を知る。果たして「空の一族」とは? そして、小瓶との関係は? 脈々と続く一族の謎に迫る壮大な気象エンタメ!

Masato
Masato
岩城けい
定価:
500円+税
ISBN:
978-4-08-745648-6
解説:
金原瑞人

この本が日本で生まれたことが、うれしくてたまらない。そして、自慢したくてたまらない。
──金原瑞人さん

「スシ! スシ! スシ!」いじめっ子エイダンがまた絡んでくる──。親の仕事の都合でオーストラリアに移った少年・真人。言葉や文化の壁に衝突しては、悔しい思いをする毎日だ。それでも少しずつ自分の居場所を見出し、ある日、感じる。「ぼくは、ここにいてもいいんだ」と。ところがそれは、母親との断絶の始まりだった……。異国での少年と家族の成長を描いた第32回坪田譲治文学賞受賞作。

 
熱風
熱風
福田隆浩
定価:
520円+税
ISBN:
978-4-08-745649-3
解説:
杉山 愛

いいか、勝つぞ、ぜったいに。
彼らの熱い想いが伝わって、思わず、涙がこぼれました。
杉山愛さん 元プロテニス選手

「こいつにだけは絶対に負けたくない!」テニスの練習試合で他人を見下すような態度の対戦相手・順一を見て、中学2年の孝司は無性にそう思った。ところが、ある大会で2人はダブルスを組むことに。ハンデがあり、性格もプレーも正反対な彼らは、不器用ながらも、本気でぶつかり合う。そんな中、大会前にある事件が起こり……。一途な情熱を鮮やかに描く、第48回講談社児童文学新人賞佳作受賞作。

洋子さんの本棚
洋子さんの本棚
小川洋子/平松洋子
定価:
580円+税
ISBN:
978-4-08-745650-9

人生の荒海を読みほどく。

同郷で同世代で名前も同じ。小説家・小川洋子とエッセイスト・平松洋子。踏みしめてきた数々の「踊り場」を振り返れば、そこにはいつも本があった──。ふたりはこんな本でできている。アンネ、ドイル、ケストナー、増井和子、タブッキ、白洲正子、倉橋由美子、深沢七郎、藤沢周平……。お二人が古今東西の名作を入り口に、本と人生を読みほどき、楽しく語り尽くした、滋味あふれる対話集。

師父の遺言
師父の遺言
松井今朝子
定価:
640円+税
ISBN:
978-4-08-745651-6
解説:
木ノ下裕一

稀代の演出家 昭和の怪人 反骨の鬼才 武智鉄二から学んだ人生の闘い方 恋愛に似た師への想いと波乱の青春を描く自伝文学の傑作。

京都祇園の料理屋に育ち、歌舞伎役者と親戚で、幼い頃から芝居に親しんだ著者。早稲田大学で演劇を学ぶうち、稀代の演出家にして昭和の怪人、武智鉄二に出会う。やがて“跡継ぎ”と見込まれ、弟子として武智の演出助手を務めるようになるが……。毀誉褒貶ありながら鬼才として名を馳せた反骨の師が、全身全霊で教えてくれた人生の闘い方とは! 恋愛に似た師への想いと波乱の青春を描く自伝文学の傑作。

池上彰の講義の時間 高校生からわかるイスラム世界
池上彰の講義の時間
高校生からわかるイスラム世界
池上 彰
定価:
580円+税
ISBN:
978-4-08-745652-3

もはやこれが時代の常識「イスラム世界」の基礎知識
イスラム教徒=テロリストではありません!

世界の4人に1人はイスラム教徒。それなのに私たちは、彼らの本当の姿をほとんど知らないのでは? イスラム世界が経済をはじめ、世界情勢を動かしつつある今、イスラム教を知ることが不可欠──。だから教えて、池上さん! イスラム教の起源や戒律から、絶えない紛争の理由、そして「イスラム国」。池上彰が高校生に語った講義をわかりやすくまとめた、本当のイスラム世界を知るための必読書!

短編伝説 愛を語れば
短編伝説 愛を語れば
集英社文庫編集部 編
定価:
780円+税
ISBN:
978-4-08-745653-0
解説:
池上冬樹

19本の愛 あなたはどれが好き?
いろんな作家に出会える。さまざまな愛を味わえる。
魅力がギュギュッと詰まった本です! いきなり文庫!

愛だけでは生きていけない。だけど、愛がない人生はつまらない。人生にうるおいを、読書にも愛を。一口に愛といってもその形はさまざま。異性への愛、兄弟愛、祖国愛etc. 収録作品のジャンルも純文学から恋愛小説、時代小説までバラエティ豊か。笑える話も、泣ける話もあって、楽しみ方いろいろ。「愛」をきっかけに、豊かな読書ライフを始めてみては? 短掌編あわせて19本、自信と信頼のラインナップ。

夢現(ゆめうつつ) 日本推理作家協会70周年アンソロジー
夢現(ゆめうつつ)
日本推理作家協会70周年アンソロジー
日本推理作家協会 編
定価:
800円+税
ISBN:
978-4-08-745654-7

超豪華作家陣、夢の競演!
いきなり文庫!

戦後間もない1947年、探偵作家クラブは設立された。その後、関西探偵作家クラブとの合併や法人化に伴う名称変更を経て“日本推理作家協会”となった作家団体は、今年で70周年を迎える。初代会長の江戸川乱歩から現代表理事の今野敏まで。協会の歴代理事長を務めた14人の作家が夢の競演! 日本ミステリー界の第一線で傑作を生みだしてきた作家に脈々と受け継がれる妙技を綴じ込めた究極の一冊。

迷い子の櫛 むすめ髪結い夢暦
迷い子の櫛
むすめ髪結い夢暦
倉本由布
定価:
580円+税
ISBN:
978-4-08-745655-4
解説:
大矢博子

お江戸の娘たちの恋を叶えるむすめ髪結い、お卯野。
髪を結うことで人を幸せにしたい。少女のもとを様々な客が訪れ──
いきなり文庫!

髪結いとして生計を立てようと奮闘中の卯野。武家出身でなんの伝手もない彼女のために、友人で商家の娘の花絵は「卯野に髪を結ってもらうと恋が叶う」という噂を流すと言いだす。その甲斐もあってか、様々な客が卯野に仕事を依頼し始め……。髪を結いながら、年齢も境遇もそれぞれ違う女たちの人生と恋に触れ、卯野が成長してゆく姿を描く書き下ろし時代小説。表題作の他、二編を収録。

黒い睡蓮
黒い睡蓮
ミシェル・ビュッシ
平岡 敦・訳
定価:
1200円+税
ISBN:
978-4-08-760740-6

読者を待ち受ける、あまりに衝撃的な展開とは──!?
『彼女のいない飛行機』で世界から絶賛されたミステリ作家のもうひとつの代表作!!
ミシェル・ルブラン推理小説賞をはじめ、5つの文学賞を受賞!

モネの《睡蓮》で有名な村で発生した、奇妙な殺人事件。殺された眼科医は女好きで、絵画のコレクターでもあった。動機は愛憎絡み、あるいは絵画取引きに関する怨恨なのか。事件を担当するセレナック警部は、眼科医が言い寄っていた美貌の女教師に話を聞くうちに、彼女に心惹かれていく。一方、村では風変りな老女が徘徊し……。『彼女のいない飛行機』で人気を博した著者の傑作ミステリ。