今月の新刊

次月刊行予定
不審者
不審者
伊岡 瞬
定価:
836円(税込)
ISBN:
978-4-08-744292-2
解説:
千街晶之

夫の兄を名乗る人物の突然の訪問。その日から、平凡な家庭は壊され始め──。
この男は、誰なのか?
暴かれる家族の秘密と、衝撃の結末。『悪寒』『代償』の著者が放つ、驚愕のサスペンス&ミステリ。

家族4人で平穏に暮らす里佳子の前に突然現れた1人の客。夫の秀嗣が招いたその人物は、20年以上音信不通だった秀嗣の兄・優平だと名乗る。しかし姑は「息子はこんな顔じゃない」と主張。不信感を抱く里佳子だったが、優平は居候することに。その日から不可解な出来事が続き……。家庭を侵食する、この男は誰なのか。一つの悲劇をきっかけに、すべての景色が一転する。緊迫のサスペンス&ミステリ。

晴れときどき猫背 そして、もみじへ
晴れときどき猫背 そして、もみじへ
村山由佳
定価:
869円(税込)
ISBN:
978-4-08-744293-9

迷い込んだチビ猫がかけがえのない家族に。
「ネコメンタリー」で大反響のもみじ、誕生秘話も! 写真も盛りだくさん!

自然豊かな南房総、丘の上に建つログハウス。裏の畑で育てた野菜を食べ、味噌を作り、ときに乗馬を楽しむ理想の田舎暮らし。唯一の不満は、「猫が飼えない」ことだった。けれど迷い込んできた一匹のチビ猫をきっかけに、あれよあれよと家族が増え始め──。十七歳まで生きることになる〈もみじ〉の誕生秘話も詰まった、切なく心あたたまる猫エッセイ。現在の著者からの注釈付きでここに甦る。

短編ホテル
短編ホテル
集英社文庫編集部 編
定価:
880円(税込)
ISBN:
978-4-08-744294-6

さあ、今こそ物語で旅に出よう。
豪華作家陣が贈るホテルを舞台に繰り広げられる珠玉のアンソロジー。いきなり文庫!

心はいつでも自由に旅をする。ホテルを舞台に人気作家が書き下ろす珠玉のアンソロジー。母と娘が最後の約束を交わした客室、定年の担当編集者の送別会に選ばれた思い出の宴会場、男女が再会を誓ったクリスマスイブのロビー、貧しい身を粉にして働く、客と顔を合わせることのない英国式ホテル──心あたたまる思い出から身の毛のよだつ惨劇まで、ここで起きる物語を心ゆくまでお楽しみください。

誇り高き週末
誇り高き週末
赤川次郎
定価:
726円(税込)
ISBN:
978-4-08-744295-3
解説:
若竹七海

週末のバカンスは、死の予感!?
3つの「週末」の事件を描く作品集。

莫大な財産を持つ柳原一馬、七十歳。四十年前に妻と死別して以来独身で子供もいない彼が、突然再婚を発表する。しかもお相手は二十八歳!それぞれの事情から彼の財産を狙っている親族たちは、複雑な思いで週末に行われる花嫁披露パーティのため山荘に赴くが、そこに前妻の幽霊が現れて……!? 表題作ほか、妻の殺害を計画する夫、社内の盗聴が趣味の社長の「週末」を描く2作品を収録。

梟(ふくろう)の来る庭 めおと相談屋奮闘記
梟(ふくろう)の来る庭 めおと相談屋奮闘記
野口 卓
定価:
726円(税込)
ISBN:
978-4-08-744296-0
解説:
内田 剛

「これだ。こういう物語を読みたかったんだ」
──ソーシャルディスタンスの時代に、心にぽっかり空いた隙間を埋めてくれる物語。内田剛(「解説」より)
大ヒット青春時代小説シリーズ いきなり文庫!

見合いに失敗し落ち込む幼馴染の完太のため、信吾と波乃が一肌脱ぐことに(「恋患い」)。四年に一度の参府で江戸に滞在している阿蘭陀人が連れてきたという珍しい鳥を何とか波乃に見せてやりたいと考えた信吾は……(「梟の来る庭」)。これまで仄めかされてきた、波乃の世話係モトの意外な素性も明らかに。軽妙洒脱な会話を楽しみながら、登場人物たちと喜怒哀楽を共有できる。痛快・爽快な青春時代小説。

ババアはツラいよ! 55歳からの「人生エベレスト期」サバイバルBOOK
ババアはツラいよ!
55歳からの「人生エベレスト期」サバイバルBOOK
地曳いく子/槇村さとる
定価:
594円(税込)
ISBN:
978-4-08-744297-7

何を着てもビミョー! 身体はガタガタ! 心は不安定!
「55歳問題」を最強コンビがスカッと解決! 文庫版オリジナルコンテンツも豊富!

55歳は「人生のエベレスト期」。もはや、おしゃれテクニックだけでは乗り切れません──。なんだか疲れている。おしゃれ以前に、やる気スイッチが入らない。そんなW思秋期Wのあなたには、この本が効く!洋服選びや、生き方、パートナーとの関係まで、全方位から押し寄せる「55歳問題」をスタイリストと漫画家がスカッと解決。二人の追加対談といく子の「+HAPPYの作り方」も収録。読むと元気が出る!

 
GIGANTIS volume1 Birth
GIGANTIS volume1 Birth
小森陽一
定価:
814円(税込)
ISBN:
978-4-08-744298-4

全人類vs地球外生命体〈IAS〉。種の存亡を賭けた戦いがいま、幕を開ける。
支配者の座は“捕食”される──。

突如現れた外来種〈IAS〉は、瞬く間に生物を喰い荒らした。自衛隊は甚大な被害を出しながらもイアスを対馬に封じ込め、その惨状を隠蔽する。生き残った対馬の少年玄はイアスに襲われて長崎に漂着したが、妹を救うため再び対馬を目指す。一方、玄を救った水陸機動団の草香江の元に現れたアメリカ国防局の沙村は、玄がイアスを殲滅する鍵になると主張し──。人類の存亡を賭けた戦いが幕を開ける。

花折
花折
花村萬月
定価:
836円(税込)
ISBN:
978-4-08-744299-1
解説:
豊﨑由美

ものを創るすべての人へ 性の萌芽、芸術の発見、人間の生と死──。
深淵を覗くうち、根源から見られている感覚に陥る小説。

鮎子は画壇の重鎮である父に英才教育を受けて育ち、東京藝大へ。利根川に臨む取手キャンパスで、裏山に住むイボテンという男と出会い、性に塗れた日々を過ごす。夏休みには実家に寄寓する小説家・我謝と沖縄へ。男を知り、取り込みながら画家として覚醒しようとする鮎子の変化を父は見抜いていた──。流麗な文体、混沌の描写、深奥の含意。ひとりの画家の人生を通し創作の本質に迫った長編小説。

白春
白春
竹田真砂子
定価:
759円(税込)
ISBN:
978-4-08-744300-4
解説:
澤田瞳子

「生きるのだよ。まず、生きるのだよ」私にはこの言葉が、武士の一分、妻の一分を描いた本作の主題であると映る──澤田瞳子(解説より)
赤穂藩京屋敷留守居役・小野寺十内と妻女・丹。ふたりの日々を通して描く忠臣蔵

赤穂藩京屋敷留守居役の小野寺十内と妻お丹に仕えるろく。親を知らず耳が聞こえぬ彼女だが、出会いに恵まれ仕合わせな日々を過ごしている。しかしろくが二十歳になった年、藩主浅野内匠頭の江戸城松の廊下での刃傷という一大事が出来する。忠義を貫き命を散らすのが武士の一分ならば遺された者の一分とは……。滋味溢れる筆致で赤穂事件の顚末と家中の人々の覚悟を描く第9回中山義秀文学賞受賞作。

甲子園が割れた日 松井秀喜5連続敬遠の真実
甲子園が割れた日
松井秀喜5連続敬遠の真実
中村 計
定価:
660円(税込)
ISBN:
978-4-08-744301-1

その敬遠は“是”か“非”か。
「甲子園なんか来るんじゃなかった」という明徳選手のコメント。「力を思い切りぶつけ合うのが高校野球」と発表した高野連。「本当は勝負したかった」と言うように投手を誘導するメディア。
世論を巻き起こした伝説の試合の真相を抉る傑作ノンフィクション。“もうひとつの5敬遠”を追加した完全版

1992年、夏の甲子園2回戦で事件は起きた──。明徳義塾の投手・河野和洋が星稜の四番打者・松井秀喜を5打席連続で敬遠。結果、2対3で明徳義塾が勝利した。どよめく応援席、飛び交う野次、投げ込まれるメガフォン。そのとき渦中の選手と監督は何を考えどう思ったか。高校野球の意義とスポーツマンシップを巡り大きな議論を巻き起こした試合の真実とは。第18回ミズノスポーツライター賞受賞作。

夜中の電話 父・井上ひさし最後の言葉
夜中の電話
父・井上ひさし最後の言葉
井上麻矢
定価:
:594円(税込)
ISBN:
978-4-08-744302-8
解説:
加藤正弘

ぼくは命がけで君に伝えたいことが山ほどある──
2009年、がんで療養中の父から毎晩、電話がかかってくるようになった。生きるために経営していくために父が娘に託した77の言葉

2009年、がんで療養中の父から夜中に電話がかかるようになった。愛する娘に向けて、そして自らの劇団「こまつ座」の運営後継者に向けて、井上ひさしが電話越しに伝えようとした77の言葉たち。そこには今の時代を生きるためのヒントと経営のテクニックが込められていた。日本を代表する作家が命を賭して遺した数々の名言を受け、著者が歩んだ12年の道のりを新章に加えた完全版。

「女子」という呪い
「女子」という呪い
雨宮処凛
定価:
704円(税込)
ISBN:
978-4-08-744303-5
対談:
北原みのり

・女を使う女にはなるな。でも女子力は持て ・早く結婚しろ ・早く産め ・男より稼ぐな
こういうオッサンを、確実に黙らせる方法あります!

日本はジェンダーギャップ指数120位。この国で「女子」でいることは、しんどい──。男が子育てをすれば「イクメン」と持てはやされるけど、女は家事、育児、介護をしても、だれも褒めてくれない。さらに「女子力」まで求められる私たち。これって変じゃない? 15年以上にわたり、貧困問題に取り組んできた著者が、実体験を交えて女性の生きづらさ、理不尽さを初めて綴る。女性応援エッセイ。

トナリの怪談
トナリの怪談
シークエンスはやとも
構成:樹島千草
定価:
649円(税込)
ISBN:
978-4-08-744304-2

振り返れば今もそこにある恐怖──
話題の〈霊視芸人〉が語る、本当にあった怖い話! いきなり文庫!

毎晩夢に出てくる、見知らぬ女性。夢の中で自分は彼女と幸せな恋人同士として暮らしていて──(「毎日見る夢」)。最愛の恋人の隣でほほ笑む女性の幽霊が繰り返すのは、「いつ死ぬの?」という言葉で──(「いつ死ぬの?」)。幼い頃から幽霊が見えるピン芸人が語る、日常のなかにある心霊体験の数々。今あなたの隣にいる方、足はあるし、しゃべるし……でも、幽霊かもしれませんよ?

PSYCHO−PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR
PSYCHO−PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR
華南 恋/サイコパス製作委員会
定価:
770円(税込)
ISBN:
978-4-08-744305-9

劇場アニメを完全小説化!!
正義と真実の向こう、物語の終着点へ──!!

刑事課一係を率いる監視官・慎導灼と炯・ミハイル・イグナトフは、真実と正義を巡り決裂してしまう。一方、事件の裏で暗躍してきたインスペクター・梓澤廣一は、厚生省公安局ビルへ単身潜入した。囚人を解き放ち、公安局ビルを占拠した梓澤は、小宮都知事の辞任を要求する。刑事課一係は本部の奪還、そして梓澤との決着をつけるため、動き出した……。シリーズ劇場アニメを小説化!!

夜と少女
夜と少女
ギョーム・ミュッソ
吉田恒雄・訳
定価:
1210円(税込)
ISBN:
978-4-08-760773-4

世界35か国で翻訳 フランスで130万部突破
10年連続フランスNo.1作家ギョーム・ミュッソ待望の新作!
南仏コート・ダジュールの名門高校で最も魅惑的な少女が失踪。あれから25年──秘密はすべて封印されたはずだったが……

1992年、コート・ダジュールの名門高校で、最も魅惑的な少女ヴィンカが忽然と姿を消した。哲学教師アレクシスと駆け落ちしたとみなされ、捜査は打ち切りに。以来25年、彼らを見た者はいない。同級生のトマとマキシムは事件に関わる秘密を抱えたまま卒業、恐るべき過去は巧みに封印されたはずだったが──。少女失踪の裏に錯綜する思惑と衝撃の結末。フランスNo.1作家が放つ珠玉のサスペンス!