担当者からのオススメ!
販売担当 大井氏からのオススメ本
大井氏オススメの本
『逃がれの街』北方謙三 著
北方作品の原点! 「この1冊で1年分の価値あり」の傑作。
大井氏のオススメ本『逃がれの街』北方謙三 著
 
 志水辰夫さんの「行きずりの街」が発売から時を経てヒットしていることは、出版社の枠をこえてうれしいことです。志水さんに限らず、今は大御所になっている人の初期傑作は、読んでおいて絶対に損はありません。集英社文庫にもいろいろあって迷いますが、今回は「逃がれの街」をオススメします。

「水滸伝」があまりにも好調なせいか、すっかり時代小説のイメージが強くなった? 北方先生ですが、「原点」はここです。

 主役は、電化製品の配達をしている青年・幸二。探偵などではない普通の人間にスポットが当たっているところは、「行きずりの街」とも共通する部分です。あるできごとがきっかけで、幸二は逃亡生活を余儀なくされます。公園で出会った、幼いヒロシを連れて……。初めて読んだのは入社まもなくの頃だったと思いますが、ラスト近くの、幸二とヒロシのそり遊びのシーンは、今でも切なく印象に残っています。

 北上次郎さんが、発刊当時(1982年)にこの本を評して、「82年はこの一作を読めただけで意味がある」とまで言い切った青春クライムノベルの傑作です。

 石田衣良さんの「IWGP」シリーズや、垣根涼介さんの作品は好きだけど、北方さんの初期作品は未読……という方は、ぜひとも一度お手にとってみてください。

詳しくはBOOK NAVIへ
プロフィール
大井氏
書籍販売一筋
知的でクールなキャラクターで通っているが、 お酒を飲むと、生まれながらの江戸っ子が出てくる。 飲まなければ素敵なのに、との噂もチラホラ。 好きなジャンルは本格ミステリ。
Archive
2009.04.17
  風が吹いたら桶屋がもうかる
井上夢人 著
2008.12.16
  湖畔のテラス
赤川次郎 著
2008.08.21
  臨3311に乗れ
城山三郎 著
2008.05.20
  星の王子さま
サンテグジュペリ 著
池澤夏樹・訳
2008.02.20
  一夢庵風流記
隆慶一郎 著
2007.11.20
  逃がれの街
北方謙三 著
2007.08.21
  神々の山嶺(いただき) 上・下
夢枕 獏 著
2007.05.18
  孔雀狂想曲
北森鴻 著
2007.02.20
  毒笑小説 怪笑小説
東野圭吾 著
2006.11.17
  もものかんづめ
さくらももこ 著
2006.08.18
  産霊山秘録
半村 良 著
2006.06.15
  博士の異常な発明
清水義範 著
「担当者からのオススメ!」トップへ