担当者からのオススメ!

Recommendation

サワノ氏オススメの本 『幸せ戦争』 青木祐子 著
サワノ氏オススメの本

「三百六十五歩のマーチ」という名曲をご存知でしょうか。これを聞いた子供の頃は、とても前向きな歌だと思っていましたが、改めて歌詞を読むとテーマは「幸せは簡単には手に入らない」ということのような気もします。


今回、集英社文庫オススメ本は、「幸せ戦争」です。


物語は、前庭を共有する四軒の家が並ぶ住宅地で始まります。元地主で資産家だけど夫は覆面作家という噂の仁木家。娘を溺愛し周囲の目を気にする妻がいる氷見家。父親の保険金が転がり込んできたことで分不相応の一軒家を手に入れた能生家。共働きで他の三軒とは少し距離を置きたい高井戸家。

章ごとに各家の個性溢れる人の視点で、人の心のえげつない部分も含めて描かれていきます。親切そうな行いが親切にしてあげたいという自分のためだったり、誰がやりたいのか分からないようなクリスマスイベントやホームパーティーが行われたり……。となると、心温まる展開にはならないのが「幸せ戦争」というタイトルの所以です。そして、クライマックス、四つの家族の感情が爆発する瞬間がやってきます。

幸せの象徴だったピカピカの一軒家が、それぞれの登場人物の目にはどんな風に映ったのでしょう……。


付け加えますと、第1章のラスト、名前がチラッと出てくる女子大生、素野子さん。実はこの人がいなかったら、仮面近所付き合いも崩壊しなかったかもしれません。中年男性から見たらしなやかで眩しいかぎりの存在で、中年女性から見たらうとましくさえもある。僕もこの魅力にコロッといってしまいました……。


傑作です! ぜひ読んでください。

プロフィール
  • サワノ氏
  • 重いものは持ってもビールの中ジョッキまで。砂利道では足を挫き、エアコンをこよなく愛する販売担当。(でも半そでは肘が冷えるので苦手)
  • 好きな本のジャンルは、人から薦められたもの、というくらいの乱読派。あと、気持ちを落ち着けたい時は、本を開いて紙の匂いをス〜っとかぎます。これに共感してくれる人はいませんか?
過去のオススメ!
  • 幸せ戦争
    2016.04.01new 幸せ戦争 青木祐子 著
  • もらい泣き
    2015.12.17 もらい泣き 加門七海 著
  • 猫怪々
    2015.05.20 猫怪々 加門七海 著
担当者からのオススメ!TOPへ戻る