担当者からのオススメ!
販売担当 とろんちゃんからのオススメの本
とろんちゃんオススメの本
『王妃の館 上・下』 浅田次郎 著
パリ10日間 1,498,000円!! 滞在は、あのシャトー・ドゥ・ラ・レーヌ―王妃の館―
とろんちゃんオススメの本 『王妃の館 上・下』 浅田次郎 著
 

皆様、パリに行ったことはありますか??
私は、学生のときに格安ホテルにとまりました。女子5人でベッドが2つ……
でも窓から見えるエッフェル塔に、フランスパン片手に通りを渡る、おしゃれな人々。
「ここはパリ!」と思えば、窮屈なベッドも、コーンフレークだけの朝食も気になりませんでした……

しかし、桜井香に提案されたパリ10日間の旅は、そんな学生の貧乏旅行とは格が違います。10日間で、1,498,000円。成田空港まではハイヤー送迎。飛行機はもちろん、ファーストクラス。そして、パリ・ヴォージュ広場で三百年の伝統を誇る「シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ―王妃の館―」での宿泊。なんと贅沢! 38歳独身OLに200万円(シングルユーズ料金が上乗せ!!
)は確かに、高い……高いけど、「王妃の館」に泊まれるなんてそんなチャンスは滅多にない!!

と、辣腕ツアーコンダクター、朝霞玲子の営業トークに押しきられる形で契約してしまった香。
200万円!20万円のパリツアーだってある昨今、この金額はべらぼうに高いです。でも、朝霞玲子の話を聞いていると、あのVIPも泊まった!!ルイ14世が愛する女性のために作った!!など、「一生に一度なら……」と思えてくるから不思議。

そんなべらぼうに高いツアーに集ったメンバーがまた個性的。
全身エルメスの金沢寛一と、シャネルスーツのミチル。せっかくのパリなのに、終始陰気な下田夫妻。そして、作家の北白川右京と編集者の早見リツ子。皆それぞれ、「パリ10日間 1,498,000円」のツアーに参加した(参加しなければならない)事情を抱えています。
10日間の日程が進む中で明らかになる、それぞれの事情……そして、光輝くパリ旅行の裏に隠された秘密・・・

敏腕ツアコン朝霞玲子が個性的なメンバーとファーストクラスでパリに到着する一方、気弱なツアコン戸川は、「パリ10日間 198,000円」のツアーを率いています。そう!こっちのツアーなら私でも行けるかも!しかし、こちらのメンバーも負けず劣らず個性的。元警察官で猪突猛進型の近藤誠。ゲイ・バーに勤めるクレヨン。全身黒ずくめの丹野夫妻と、元夜間高校教員だった岩波氏とその妻。アパレル会社バイヤーを名乗る、谷文弥と香取良夫。そして、こちらのツアーが泊まるのも、シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ。おなじ「王妃の館」に宿泊する、200万円のツアーと20万円のツアー。このワケありダブルブッキングツアーは一体どうなる!?

読み進めると、ここですれ違うか!気づかれちゃう!というハラハラが止まりません。さらに、売れっ子小説家・北白川右京による、太陽王ルイ14世と「王妃の館」の物語が繰り広げられます。1つのホテルが2つのツアーで使われているように、香たちの現代の話とルイ14世の過去の2つの物語が、この『王妃の館』には詰まっています。

あっという間に現代と過去のパリを満喫できる2冊。ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、2015年GWには映画化が決定しています!それぞれのツアー客をいったい誰が演じるのか?ちなみに、シャトー・ドゥ・ラ・レーヌのモデルになった、パヴィヨン・ドゥ・ラ・レーヌは今もパリ・ヴォージュ広場の片隅にあり、宿泊することが可能です。



詳しくはBOOK NAVIへ
プロフィール
とろんちゃん
ツンデレ食いしん坊販売担当
趣味のトロンボーンを10年以上続けているのに、歌を歌うとジャイ○ンも真っ青な超絶オンチ。
でも、中にはこの不思議な音程がクセになる人もいるハズ★
と、文庫片手に運命の人を探し中。
いわゆる【女子力】はからっきしないけども、持ち前の【突破力】で、解決できるハズ★と信じてる。

読書中は、常に自分が主人公になったつもりで妄想モード。
「もし、こんな人が目の前に現れたら・・・」「もし、自分がこの会社にいたら・・・」
と妄想が止まらない!!!
ハッピーなお話はもちろんだけど、切ない小説を読んで「もし、あの時・・・」と、悶々考えるのが実は好き。
Archive
2015.04.17
  『危険な食卓』
小池真理子 著
2014.12.16
  『王妃の館 上・下』
浅田次郎 著
2014.05.20
  白蓮れんれん
林真理子 著
2014.01.17
  ばけもの好む中将
瀬川貴次 著
2013.04.19
  私を知らないで
白河三兎 著
2012.12.14
  さよならバースディ
荻原 浩 著
「担当者からのオススメ!」トップへ