担当者からのオススメ!
販売担当 ツナ子オススメの本
ツナ子オススメの本
『神々の山嶺(いただき) 上・下』 夢枕 獏 著
なぜ、愛する人を捨ててまで、山に登るのか。
ツナ子オススメの本 『神々の山嶺 上・下』 夢枕 獏 著
 
このコーナーで、自分のだいすきな集英社文庫を紹介するのが小さな夢だった私。
ついにその夢が叶うことを知り、あれもこれも紹介したい・・・と考えに考えて、出た結論が『神々の山嶺』。
超有名作なのに、あえてなぜここでプッシュ?!と突っ込んだ、そこのアナタ!!
確かにおっしゃるとおりです。

夢枕獏さんの、言わずと知れた代表作。
第11回柴田錬三郎賞も受賞していて・・・。
マンガ化もされていて・・・。

でも、でも、この作品に刻まれた「人間の生き方」に、惚れこんでしまっているんです!!

物語は、1924年のイギリス第3次エベレスト遠征隊で頂上にアタックしたものの遭難し、実際に登頂できていたかどうかが未だにわかっていない、ジョージ・マロリーという実在の人物のカメラが見つかった、というところから始まります。 登山の歴史をゆるがしかねないこの謎を追う、カメラマンの深町誠が主人公なのですが、この深町を含め、登場人物のほとんどが「山」に魅せられた人々なんです。

普段、まったくこうした小説を読まない私が、手に取ったのは、とある書店員さんの、こんな一言があったから。

「もう、すごいんです。登場人物の生き様が。絶対に損はさせません!!」

そのまま、家に帰って読み出して、朝まで一気読み。

なぜ、人は危険を冒してまで、山に登るのか。
なぜ、愛する人を捨ててまで、山に登るのか。


読みながら感じる、そうした問いは、いつしか

なぜ、迷うのか。
なぜ、進むのか。
なぜ、生きるのか。


といった、人間への根源的な問いに変わっていきました。

深町が、マロリーの謎を追う内に出会う、伝説のクライマー羽生丈二の「山のために何もかもを捨てる生き方」は、人間として、本当に究極の生き方。
自分には絶対できない。
でも、惹かれる。
虜になってしまうんです。


『神々の山嶺』を読んでから、自然に対する見方が変わり、自分に正直に生きることの苦しさ、そして大切さを学びました。

雪山を登っているのに、何より熱い気持ちになれる小説!!

ぜひ、この夏、体感してください!!

詳しくはBOOK NAVIへ
プロフィール
ツナ子
いつでも暴走(妄想)モード突入!
新婚・販売担当。
実家は静岡・マグロの卸問屋。
今日も目指すは、マグロ・・・ならぬ「発掘本」の一本釣り★
「この本・・・絶対に売りたい・・・!売れる・・・!!」
思いこんだら、即行動。
そのまま一気に暴走、もしくは妄想モードに突入し、周りの言葉が耳に入らなくなることもしばしば。
いいのか悪いのか?!
好きなジャンルは、大人も楽しめる児童文学ファンタジー。
ミリオンセラーを出すまでは、旦那も二の次。
今宵も販売街道を突っ走ります。
Archive
2012.10.19
  思い出のとき修理します
谷 瑞恵 著
2012.03.16
  あの日、パナマホテルで
ジェイミー・フォード 著 / 前田一平 訳
2011.11.18
  黒笑小説
東野圭吾 著
2011.4.20
  奇跡
岡本敏子 著
2010.12.16
  鳩の栖
長野まゆみ 著
2010.8.25
  神々の山嶺(いただき) 上・下
夢枕 獏 著
「担当者からのオススメ!」トップへ