よみもの・連載

水晶庭園の少年たち

第一話 瑪瑙(めのう)の喪失〈前〉

蒼月海里Kairi Aotsuki

「えっと、石英――って?」
「酸化したケイ素の一種さ。水晶や紫水晶、玉髄(カルセドニー)や瑪瑙などがそれに当たるね」
「メノウ……」
 ワン、とメノウの声が聞こえた気がした。凛(りん)としていながらも優しい、あの声が。
 そして、祖父に瑪瑙を持たせて貰った時のことを思い出す。祖父が生きていたら、こんな風に石のことを教えて貰えたのだろうか。
「樹」
 雫はそっと僕の手を取ったかと思うと、その手に何かを握らせる。
 僕の手の中には、水晶ともう一つ――。
「これは、何?」
 透き通っていて紫色をした、八面体の綺麗な石だった。
 水晶よりは、ひんやりとしていないような気がする。色彩が実に鮮やかで、水晶が凍った水の化石に喩(たと)えられるのならば、こちらは凍ったグレープジュースの化石だろう。
「蛍石(フローライト)」と雫は答えた。
「蛍石?」
「そう。ハロゲン化鉱物の一種さ。それは、劈開(へきかい)という割れやすい方向に割って、成形したものなんだよ」
「天然じゃないの?」
「形はね。と言っても、削ったり磨いたりしたわけじゃない。劈開面を上手く見つけられれば、ニッパー一つでここまで綺麗に成形出来るんだ」
 雫はやんわりと教えてくれる。
「へぇ、不思議……」
 僕が蛍石を見つめていると、雫は解説を続けてくれた。
「蛍石は、割れやすいという性質の他に、蛍光するものもあるのさ」
「蛍光って、蛍光塗料みたいに?」
「照明を、消してごらん」
 雫は、自分のポケットからもう一つ蛍石を取り出す。それは、クリームソーダのような緑色だった。
 僕は、雫に言われたように、照明のスイッチを消してみる。それに合わせて、雫は一緒に懐中電灯のようなものを取り出す。
「それは?」
「ブラックライトだよ」
 雫はそう言うと、ブラックライトで蛍石を照らした。青っぽい光が、蛍石を包む。

プロフィール

蒼月海里(あおつき・かいり) 1983年宮城県生まれ。日本大学理工学部卒業。
2014年、文庫書き下ろしの『幽落町おばけ駄菓子屋』でデビュー。同シリーズのほか「華舞鬼町おばけ写真館」「幻想古書店で珈琲を」シリーズなどを次々と刊行。他の著書に『水上博物館アケローンの夜』など。

Back number