よみもの・連載

水晶庭園の少年たち

第七話 黄鉄鉱の輝き〈前〉

蒼月海里Kairi Aotsuki

 石倉さんは寂しそうな顔をしながら、携帯端末に表示された黄鉄鉱に視線を落とす。
「石はあんまり変化しないけど、人間が住んでいる場所はあっという間に変わっちゃうんだな」
 学もまた、石倉さんにつられるように目を伏せた。
「そう。石はあんまり変化しない、そう思ったんだけど」
 石倉さんは言葉を濁す。
「でも、お祖父ちゃんのこの石、最近、以前よりくすんで見えるの。だから、草薙君に相談したくて」
「あっ、成程。そういう……」
 僕は、改めて画像を見やる。
 確かに、祖父が持っていた黄鉄鉱よりもくすんでいるように見えた。それは単に、産地の違いかとも思ったけれど、それだけではないのかもしれない。
「どうやって保存しているの?」
「勉強机の上に置いてるの。そうしていると、お祖父ちゃんが近くで見守っているみたいだし。それに、どっしりとした佇(たたず)まいを見ていると、安心するしね」
 石倉さんの話に、「おー、いいじゃん」と学は顔を綻ばせる。
「だけど、保存の仕方が良くないのかなって最近思うようになって。表面が曇って来たなと思ったら、布で磨くようにはしているんだけど」
「埃(ほこり)がついてるのかも。水で洗っちゃダメなの?」
 山下さんは首を傾げる。
「うーん。水に溶けちゃう鉱物もあるし、いきなり水洗いをするのは危険かな」
 僕の意見に、「そうなんだ」と山下さんは目を丸くした。
「黄鉄鉱が水に溶けるとは思わないけど、ちょっと引っかかるんだよね」
 雫が保存方法を気にかけていたことを思い出す。石倉さんは、不安げに僕を見つめていた。
「ちょっと、調べてみるよ。僕の周りには詳しい人もいるし、黄鉄鉱の保存方法について聞いてみる」
「有り難う、草薙君!」
 石倉さんはパッと笑顔になる。
 僕は石倉さんから画像データを貰(もら)い、携帯端末に保存した。キューブ型の黄鉄鉱も、矢羽根型の黄鉄鉱も見事なものだったので、石倉さんの力になるのは勿論のこと、彼らの力にもなりたいと、心から思ったのであった。

プロフィール

蒼月海里(あおつき・かいり) 1983年宮城県生まれ。日本大学理工学部卒業。
2014年、文庫書き下ろしの『幽落町おばけ駄菓子屋』でデビュー。同シリーズのほか「華舞鬼町おばけ写真館」「幻想古書店で珈琲を」シリーズなどを次々と刊行。他の著書に『水上博物館アケローンの夜』など。

Back number