よみもの・連載

水晶庭園の少年たち

第八話 瑠璃の空〈前〉

蒼月海里Kairi Aotsuki

 見事な日本式双晶は撮れていたけれど、その隣には不自然な空間があるだけだった。
「残念。でも、雫の本体が撮れたからいいよ。記憶に刻むのが一番なんだろうけど、記憶は風化し易(やす)いから。そういう時のために、写真があるんじゃないかと思って。あとは、絵にするとか――」
「絵に?」
 僕の口からそんな単語が飛び出したのが意外だったようで、雫は首を傾げる。
「あっ、うん。ちょっと学校で色々あって」
 僕は、美術部にいて画家を目指している高木君の話をする。雫は律儀に相槌を打ちながら、僕の話を聞いてくれた。
「良い絵の具――か。確かに、質が良いものと価格は正比例するからね」
「話を聞く限りでは、大変だなと思って。僕が持っているのと同じ絵の具なのに、びっくりするほど綺麗な色を出せていたから、高木君は才能もあるし努力家だと思うんだよね。バイトさえ出来れば、自分で絵の具を買うくらいのことはしそうだけど……」
 だけど、当然のことながら、うちの中学校ではアルバイトは許可されていない。資金の全ての権限は、親が握っていた。
「そこで、達喜(たつき)の遺品の中に、絵の具は無いか探そうとしたんだね」
「うん。力になれないかと思って……」
「他人のことを助けようとするなんて、樹は偉いね」
 雫はそう言って、僕の頭をふわりと撫でる。水晶の石精(いしせい)だからなのか、繊細な指先の割には感触が硬い気がする。撫でられて喜ぶような歳でもなかったけれど、ちょっとだけ誇らしい気持ちになれた。
「でも、僕が知る限りでは、達喜に絵画を描く趣味は無かったようでね」
「だよね。僕も、お祖父ちゃんが絵を描いているところなんて見たことないし、土蔵を整理しても、そういう痕跡は見当たらなかったし」
「絵画の収集は多少やっていたけれど、うちには似合わないって直(す)ぐにやめてしまったようだしね」
「だよねぇ……」
 その結果、集めたものは土蔵にしまわれた。それを先日、父が探し出したという流れか。
「絵の具になる鉱物ならばあるけれど」
「えっ」
 僕は思わず、目を丸くする。
 そんな僕の前で、雫は鉱物が収まった箱をごそごそと漁(あさ)り始める。

プロフィール

蒼月海里(あおつき・かいり) 1983年宮城県生まれ。日本大学理工学部卒業。
2014年、文庫書き下ろしの『幽落町おばけ駄菓子屋』でデビュー。同シリーズのほか「華舞鬼町おばけ写真館」「幻想古書店で珈琲を」シリーズなどを次々と刊行。他の著書に『水上博物館アケローンの夜』など。

Back number