よみもの・連載

困った死体は瞑らない

第一話 豆腐の死角

浅暮三文Mitsufumi Asagure

「もしも気を失っていて誰かにあそこまで運ばれたにしても落下したなら床にこの男の皮膚片やら毛髪やらが残る。男の頭にもコンクリートのかけらや粒が付着する。だが残念ながら床と頭が激しくキスした痕跡はない」
 数之は嬉しそうに大黒を見つめた。
「そうか。お前はこいつを天使だといいたいんだな。いいさ。きっと解剖したら背中に羽根が隠れてるぜ。だがな、天使は死ぬのか? 天国からの使いだぜ。さてさて色男、どっちを選ぶ? 豆腐による撲殺か、不死の天使死亡事件か」
「外はどうだ? 工房の外で死んだのを誰かがここに運び込んだ。そのとき、豆腐にまみれた」
「仏さんの長靴や住まいにあった履き物すべてを調べた。検出されたのはここらの土壌だけだ。その上で所轄の鑑識とも話したが近くで争ったり、事故があったらしい様子は見受けられない。住民が少ない地域だ。なにかあればすぐに気が付きそうだぞ」
「だったら裸足だったんだ」
「足の裏も調べた。こいつがニワトリなら別だが、裸足で外にいたり、ここや住まいに争った形跡がないから拉致(らち)された可能性はなしだ。これはある種のクローズとサークルだな。ここで死んだのは間違いない。雪が降った後ならミステリーファンが小躍りしたろうぜ」
「特別な持病があったんだ」
「仏さんの年齢からして、まだ自然死は早いとお前も受け入れるんだな。で、どんな持病だっていうんだ? 豆腐が頭蓋骨を割って生えてくるようなのか」
「いいわよ、そこまで否定するなら受けて立つわ。疾病に関しては、あとかたもないぐらいに解剖して調べてあげる。だけど検死通りなら私の方針を最重視よ。じゃなきゃ、分かってるわよね」
 アメリの所見はいつも正しい。医者としてはピカイチだ。ミスしたことは一度もない。だが忘れていることがある。監察医に捜査権はないのだ。
 他殺だとすれば、ここから先は警察官である自分と数之の領分となる。だがアメリは、なにかというと捜査に首を突っ込んでくる。調べに多少の違法性は付き物だが、かつて犯した行き過ぎ行為を告発すると脅すのだ。そのたびに厄介な話になる。
「あのな、大黒。ここには凶器として使える鈍器はまるでない。見てみろ」
 数之が工房内をぐるりと手の平で示した。大豆を煮るらしいタンクが壁際に設置されている。隣は次に大豆を搾る機械か。他にも設備があるが、いずれもがっちりと床に固定されていて動かせないようだった。
「そっちに豆腐を押さえる重しが並んでいるが、血痕が付着していない。つまり撲殺されたとすれば状況から凶器は豆腐ってことになる」
「豆腐が凶器というのは、どう考えても不可能だ。犯人が別の凶器を持ち込んだ可能性がある」
「ないね。凶器になにを使ったにしろ、鉄なら鉄分、岩でも煉瓦(れんが)でも殴打部に必ず成分が残る。それがまったくゼロなんだ。これだけ強く殴ったのに、この男の頭には豆腐の痕跡しかない」

プロフィール

浅暮三文(あさぐれ・みつふみ) 1959年兵庫県生まれ。関西大学卒業後、コピーライターを経て、98年『ダブ(エ)ストン街道』で第8回メフィスト賞を受賞しデビュー。2003年『石の中の蜘蛛』で第56回日本推理作家協会賞長編部門を受賞。著書に『ラストホープ』『実験小説 ぬ』『10センチの空』『セブン opus2 古い街のひそかな死』『私立警官・音場良 ロック、そして銃弾』『誘拐犯はカラスが知っている 天才動物行動学者 白井旗男』ほか。

Back number