よみもの・連載

おいしいコーヒーのいれ方 Second SeasonIX ありふれた祈り

第一回

村山由佳Yuka Murayama

〈主な登場人物〉


和泉勝利………年上のいとこ、かれんと付き合っているが、現在は、単身オーストラリアへ。
花村かれん……介護福祉士になるため、教師を辞めて鴨川の老人ホームで働いている。
マスター………喫茶店『風見鶏』のオーナー。かれんの実の兄。
由里子…………マスターの妻。彫金アーティスト。
原田政志………強面だが世話好きの、勝利のよき先輩。
星野りつ子……大学の元陸上部マネージャー。
森下秀人………文化人類学の研究者。


〈前巻までのあらすじ〉


 高校3年生になろうという春休み。父親の九州転勤と叔母夫婦のロンドン転勤のために、勝利は、いとこのかれん・丈姉弟と共同生活をすることになった。
 5歳年上の彼女をいつしか愛するようになった勝利は、かれんが花村家の養女で、勝利がアルバイトをしていた喫茶店『風見鶏』のマスターの実の妹だという事実を知る。かれんも次第に勝利に惹かれ、二人は恋人同士となった。
 大学に進学した勝利は、叔母夫婦の帰国と父親の再婚・帰京を機に、アパートで一人暮らしを始める。一方、かれんは、高校の美術教師を辞め、鴨川の老人ホームで働きながら介護福祉士を目指すことになる。
 マスターと由里子との間に生まれた新しい命を、勝利とかれんも心から祝福する。しかし、絶望的な事件は起こった。
 うちひしがれた勝利は、逃げるようにオーストラリアへ。研究者の秀人のもと、あたたかい人たちに囲まれ、その心は次第に癒えてゆく。一方、日本でもそれぞれの時は進み、ある事故の知らせで勝利は急遽帰国したのだった……。

プロフィール

村山由佳(むらやま・ゆか) 1964年東京都生まれ。立教大学卒業。 93年『天使の卵─エンジェルス・エッグ─』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。2003年『星々の舟』で直木賞を受賞。09年『ダブル・ファンタジー』で中央公論文芸賞、島清恋愛文学賞、柴田錬三郎賞を受賞。『ミルク・アンド・ハニー』『放蕩記』『La Vie en Rose ラヴィアンローズ』『猫がいなけりゃ息もできない』など著書多数。

Back number