よみもの・連載

トナリの怪談

第六回 〜違和感〜

シークエンスはやともSequence Hayatomo
構成/樹島千草

 皆さんは「定位置」ってありますか?
 家でも屋外でも、どこでもかまいません。よく行く場所で、よく座る席。
 なんとなくその位置に座ることが習慣になっていて、たまたま別の席に座ってしまうと、ちょっと落ち着かない気持ちになったり、違和感を覚えてしまったり……。
 今回はそんな「違和感」についてお話しさせてもらいます。


 当時、僕は高校まで電車通学していました。
 結構距離があったので、家を出るのはかなり早い時間帯です。その路線の始発駅から数駅のところが最寄り駅だったので、朝は大抵座れました。
 端の席に座れば、両隣を知らない人に挟まれることもありません。僕はいつも長い座席の一番右側を確保して、イヤホンをして音楽を聴いていました。
 ただ電車の揺れと、自分の好きな音楽がそろうと、とても眠たくなるんですよね。ある日も僕は乗車中に熟睡してしまって、次に起きた時、電車がどの辺りを走っているのか、わからなくなっていました。
 外の景色から判断できればいいんですが、あいにく僕が乗っていたのは地下鉄です。今みたいにドアの上に電光掲示板――車内案内表示装置と言うそうですが――があるわけではなかったので、僕はただただ焦るばかりでした。
 やばい、やばい、寝過ぎたかもしれない。今どこだろう。
 何か手がかりはないものかと、キョロキョロと車内を見回します。
 ――●●駅から乗ってきて、自分の正面の席に座ることが多い恰幅(かっぷく)のいいおじさんはもういる。
 ――××駅でいつも降りる子供を二人連れた女性はもう降りてしまったようだ。
 ……そんなところから、電車が走っている場所を推測していた時でした。
(……あれ?)
 僕はふと違和感を覚えました。
 最初は何が気になったのか、わかりません。この時、車内はそこそこ混んでいて、座席は全て埋まり、座れなかった人たちは吊革(つりかわ)につかまったり、ドア付近に寄りかかったりして立っていました。
 ――ガタン、ガタン、ガタン。
 この路線を走る電車は結構揺れることで有名だったので、立っている人たちは当然揺れます。
 でもその中に一人、ぽつんと立っている男性がいたんです。

プロフィール

シークエンスはやとも 吉本所属のピン芸人。自称・心霊第七世代。
幼少期から沢山の心霊体験に遭遇し、それを面白く、時には怖く表現することを芸としている。
TVやYouTubeを軸に活躍中。

Youtubeチャンネル「シークエンスはやともチャンネル?1人で見えるもん。?」 https://www.youtube.com/channel/UCZnndFCPnK1EC2PERlGvwOA
Twitter:@HayaTaka78


構成/樹島千草(きじま・ちぐさ) 牡羊座A型。東京都出身。某大学文学部卒業。甘味とカフェオレと昼寝が好き。
著書に『咎人のシジル』、『虹色デイズ 映画ノベライズ』がある。
Twitterやってます。@chi_kijima1001

Back number