連載
下町やぶさか診療所
第二章 二人三脚・後 池永 陽 You Ikenaga

 五分ほどして矢田は診療所にやってきた。
 居間のほうに招き入れると、肩で大きく息をして喉をぜいぜい鳴らしている。どうやら走ってきたようだ。
「大先生!」
 矢田は息を切らしながら、泣き出しそうな声をあげた。
「落ちついてください――久子さんがいなくなったのに気がついたのは、どれぐらい前ですか。正確な時間はわかりますか」
 力強い声で麟太郎は訊く。
「気がついたのは一時間ほど前です。そのとき私は食事の後片づけをしていて、久子に注意を払っている暇がなく、気がついたら家のなかからいなくなっていました」
 ちょうど潤一がロールキャベツの食事を終えて帰ったころだ。
「いちおう確認しておきますが、家を出たときの久子さんの服装はわかりますか」
 何気なく麟太郎が質問すると、
「それが……」
 矢田が掠(かす)れた声をあげた。
「何か変った服装で久子さんは外へ?」
「変ったといえば、そうともいえるんですが、寝間のタンスのなかが引っくり返されていて、そのなかから多分ベストを……」
 歯切れの悪いいい方をした。
「ベスト?」
 怪訝な声を麟太郎は出す。
「はい、あの。柄はオレンジと濃茶のストライプの編みこみなんですが、下のほうに、その、小さなハートの連続模様が入っていて」
 恥ずかしそうに矢田はいった。
「ハートの連続模様ですか!」
「実は三年前が私たちの金婚式にあたる年で――そのとき久子に、たまには外で食事でもして、何か記念になるような物でも買って帰ろうかと提案したんです」
 祝ってくれる者など誰もおらず、二人だけの金婚式だったと矢田はいった。
 食事と買物といっても、わずかな年金で暮している矢田夫婦に贅沢は無理だった。若いころに二人でよく行った洋食の『ヨシカミ』でオムライスを食べ、近くの喫茶店でゆっくりとコーヒーを飲んでから千束(せんぞく)商店街を仲よく寄りそって歩いた。そのとき久子の足が急に止まった。
「あれにしない、記念になる物」
 洋品店の表にぶらさげられた商品を久子は指差した。オレンジと濃茶のベストで下にはハートの連続模様、しかもペアルックだった。
「あれって、ペアルックをか」
 驚いた声をあげる矢田に、
「そう、ハート模様のペアルック。この年だもの、もう恥ずかしさもそれほどないし。というより、うんと若返るつもりで、値段もかなり安いしね」
 久子ははしゃいだようにいった。
 値段は二着で二千円を切っていた。
 金婚式の記念品はこのベストにきまった。
 それを着て久子は出ていったようだと矢田はいった。



1         10 次へ
 
〈プロフィール〉
1950年愛知県豊橋市生まれ。グラフィックデザイナーを経て、コピーライターとして活躍。98年「走るジイサン」で第11回小説すばる新人賞を受賞し、作家デビュー。2006年、『雲を斬る』で第12回中山義秀文学賞を受賞する。著書に『ひらひら』などがある。

Back number
第八章 麻世の決断・前
第七章 スキルス癌・後
第七章 スキルス癌・前
第六章 妻の復讐・後
第六章 妻の復讐・前
第五章 幸せの手・後
第五章 幸せの手・前
第四章 底の見えない川・後
第四章 底の見えない川・前
第三章 怒る子供・後
第三章 怒る子供・前
第二章 二人三脚・後
第二章 二人三脚・前
第一章 左手の傷(後)
第一章 左手の傷(前)