連載
下町やぶさか診療所
第三章 怒る子供・後 池永 陽 You Ikenaga

 麟太郎は当てていた聴診器を、肋骨(ろっこつ)の浮いた右胸からゆっくり外して笑みを浮べる。
「音も綺麗になってきてますし、あと数日もすれば風邪っ気もすっかり抜けて楽になると思うよ、徳三さん」
 優しい声でいった。
「へい、ありがとうございやす。なかなか夏風邪っていう野郎は年寄りには辛いもんでして、大先生にそうやって太鼓判を押してもらえると、ほっとしやす」
 ぺこりと頭を下げた。今年七十四歳になる徳三は江戸風鈴の職人で、まだ現役の身だった。
「お互い、もう年ですから体だけは大切にしないとねえ」
 真面目な口調で麟太郎がいうと、
「年ったって大先生はまだ、六十ちょっとじゃねえですか。俺っちに較べたら、まだまだでござんしょう。今年の三社祭(さんじゃまつり)では神輿のほうも、どんと担いで……」
 丁寧な口調でいって、探るような視線を向けた。
「何をいってるんですか、徳三さん。そんなもん担げるわけがないでしょうが。もう何年も前に引退して、今は指をくわえて見ているだけですよ」
 悔しそうに麟太郎はいう。
「おや、まっ」
 徳三の口から、ほっとした声があがって顔が綻(ほころ)んだ。そのとたん、急に徳三は咳きこんだ。風邪の名残だ。
「この咳、何とかならねえもんですかね。どうにも鬱陶しくていけねえ」
 情けない顔でいった。
「じゃあ、咳によく効く漢方薬でも出しておきましょうかね。副作用も、ほとんどないですから。苦いけどね」
 嬉しそうに麟太郎はいい、
「ただ、普通の薬と違って漢方の場合、飲むのは大体食前ですから、そこんところを間違えないようにね」
 大きくうなずいてみせると、徳三のほうは小さくうなずいた。
「だけどよ、大先生。風鈴屋なんてのは、火の前の作業がほとんどなんだけど、なんで風邪なんかひくのかね。そこんところが、どうにもよく、わからねえんだがね」
 徳三の言葉に麟太郎は思わず身を乗り出す。
「理由は簡単――」
 顔が笑っている。
「年を取ったと、いうことさ」
 はっきりした口調でいった。
「年ってか……そういわれちまうと、返す言葉は何にもねえんだが。そうか、年か。まあ、これもお互い様の話だよな」
 ぶすっとした顔をして徳三はいってから、
「でもよ、俺っちが大先生の年ぐれえのときは、まだ神輿を担いでたはずだけどよ」
 勝ち誇ったような声をあげた。



1         10 11 12 13 次へ
 
〈プロフィール〉
1950年愛知県豊橋市生まれ。グラフィックデザイナーを経て、コピーライターとして活躍。98年「走るジイサン」で第11回小説すばる新人賞を受賞し、作家デビュー。2006年、『雲を斬る』で第12回中山義秀文学賞を受賞する。著書に『ひらひら』などがある。

Back number
第六章 妻の復讐・後
第六章 妻の復讐・前
第五章 幸せの手・後
第五章 幸せの手・前
第四章 底の見えない川・後
第四章 底の見えない川・前
第三章 怒る子供・後
第三章 怒る子供・前
第二章 二人三脚・後
第二章 二人三脚・前
第一章 左手の傷(後)
第一章 左手の傷(前)