よみもの・連載

下町やぶさか診療所3

第六章 隔離施設のなかで・前

池永 陽You ikenaga

「ちゃんと、約束は守ってよ」
 ちらりと秀治が振り返った。
「知るか、莫迦野郎。俺が負けたのは油断してただけで、ただそれだけのことだ。ちゃんと勝負をしてたら、俺の勝ちにきまってるだろうが」
 怒鳴るような声に、すぐに傍らに座っていたエリックが、
「ファンタスティック!」
 と叫んで大きな拍手をした。
「喧(やかま)しい、能無しのアメリカーが」
 エリックの座っていた丸イスをばんと蹴とばして、秀治は店を出ていった。
 また店内に拍手が湧きおこった。

 その夜、家に戻ってからもまた酒盛りが始まり、この腕相撲の件で話は持ち切りになった。
「凄(すご)いな麻世さん。あれにはいったい、どんな技とコツがあるっていうんだ」
 泡盛(アワモリ)のロックをちびちびやりながら、早速比嘉が訊いてきた。
「別段、技とかコツとかはありません。あれはただ単に周りの気の力と、しっかりと踏んばった地面の気の力が一緒になって生の力を生みだしただけです」
 こんな話を麻世はするが、むろん比嘉に意味がわかるはずがない。それでも比嘉は根掘り葉掘り、その意味を麻世に質(ただ)そうとして、その繰り返しがつづく。
「ところで、なぜあの金武秀治という男は比嘉一族のハンセン病の件を知っていたんだろう。俺にはそれがわからねえんだが」
 麟太郎は思いきって、その疑問を美咲にぶつけた。
「それは……」
 美咲は一瞬いい淀(よど)んでから、
「あの子は、小学生時代からの私の同級生だったから、それで」
 思いがけないことを口にした。
「そうか。いわゆるご近所のよしみというやつか。それでいろんな噂(うわさ)を耳にしていて、あの件も知っていた。そういうことか」
 ようやく合点がいった。
「しかし、あの男はなぜ美咲さんが好きだといいながら、あんな嫌がる言葉を口にしたんだろうな」

プロフィール

池永 陽(いけなが よう) 1950年愛知県豊橋市生まれ。グラフィックデザイナーを経て、コピーライターとして活躍。
98年「走るジイサン」で第11回小説すばる新人賞を受賞し、作家デビュー。2006年、『雲を斬る』で第12回中山義秀文学賞を受賞する。著書に『ひらひら』などがある。

Back number