連載
「新 戦国太平記 信玄」
第一章 初陣立志6 海道龍一朗 Ryuichiro Kaitou

 それを理解した上で、信方が問う。
「うぅむ、確かに、われらの活路が西にあるということには同意いたしまする。されど、もしも当家と今川家が和をなしたとしても、それに北条家が賛同するとは限りませぬが?」
「突然、武田家と今川家が和睦すると聞けば、北条氏綱(うじつな)殿は納得せぬやもしれませぬ。これまで今川家のために血を流してきたのは、他ならぬ北条家でもありますゆえ。さりとて、納得できぬとしても、氏綱殿にはどうにもしようがないと存じまする」
「それはなにゆえ?」
「そもそも北条家の成り立ちを見ますれば、今川家は主筋にござりまする。その主に対して異論があろうとも、真っ向からの戦いを仕掛けることを憚(はばか)るのが、武門の倣(なら)いなのではありませぬか」
「確かに、そうであるが……」
「武田家と今川家の盟約に不満を抱いたとしても、北条家には阻止することはできませぬ。同時に、武田家が今川家の盟友となれば、北条家は勝手に手出しできなくなりまする。武田の御屋形様が甲斐と相模の国境で争いを起こさぬ限り、北条家の侵攻を心配しなくても済むようになるでしょう。逆に、山内と扇谷の両上杉家が北条家と争うている間隙を縫い、諏訪へ出ていくことができまする。これは一石二鳥どころか、幾重にも利益が重なった和睦ではありませぬか」
 岐秀禅師の説得に、思わず信方が黙り込む。
 まさしく言う通りであり、反論の余地もなかったからだ。
「もちろん、これは拙僧が考えた理ではありませぬ。されど、雪斎殿から武田家への繋ぎを持ちかけられ、この話を預かり、しばらく己なりに熟考いたしました。その結果、これほどまでに疲弊した甲斐一国を立て直す第一歩は、まず今川家との不毛な戦いを止めることにあるのではないかという結論に至りました。先方が武田の御屋形様を猛虎のような難敵と恐れたように、今川家と戦い続けても駿河一国が領地になるとは思えませぬ。それよりは同じ源氏の名門同士、手を携えて互いに利のある戦いに踏み出した方が良くはありませぬか。御仏(みほとけ)に帰依した身で戦いを説くことには忸怩(じくじ)たる思いがありますが、武田家の行く末を案じれば、今川家と和睦して西に眼を向けることこそ大事。さように考え、武田の御屋形様にお話を差し上げました。何分にも宿敵と定めてきた今川家との和睦ゆえ、もしも御屋形様の逆鱗(げきりん)に触れれば、この首ひとつ飛ぶやもしれぬと思いましたが、いずれは晴信様のためにもなると考え、覚悟を決めましてござりまする」
「そういうことでありましたか」
「両家がこれまでの遺恨を乗り越えるためには、共通の敵を持つ必要がありまする。さような意味では、こたびの残党討伐が互いにとって良き機会になりました。運良く、そのお話を御屋形様にもご理解をいただき、雪斎殿との繋ぎ役を仰せつかりましたが、難儀のすべてが板垣殿に廻(まわ)ってしまったと聞き及び、まこと申し訳なく思うておりまする」
 岐秀禅師は再び深々と頭を下げた。



   4
 
〈プロフィール〉
海道龍一朗(かいとう・りゅういちろう)
1959年生まれ。2003年に剣聖、上泉伊勢守信綱の半生を描いた『真剣』で鮮烈なデビューを飾り、第10回中山義秀文学賞の候補となり書評家や歴史小説ファンから絶賛を浴びる。10年には『天佑、我にあり』が第1回山田風太朗賞、第13回大藪春彦賞の候補作となる。他の作品に『乱世疾走』『百年の亡国』『北條龍虎伝』『悪忍 加藤段蔵無頼伝』『早雲立志伝』『修羅 加藤段蔵無頼伝』『華、散りゆけど 真田幸村 連戦記』『我、六道を懼れず 真田昌幸 連戦記』『室町耽美抄 花鏡』がある。
Back number
第二章 敢為果断(かんいかだん)
第一章 初陣立志16
第一章 初陣立志15
第一章 初陣立志14
第一章 初陣立志13
第一章 初陣立志12
第一章 初陣立志11
第一章 初陣立志10
第一章 初陣立志9
第一章 初陣立志8
第一章 初陣立志7
第一章 初陣立志6
第一章 初陣立志5
第一章 初陣立志4
第一章 初陣立志3
第一章 初陣立志2
第一章 初陣立志