よみもの・連載

本日はどうされました?

第五章 佐倉早織(さくらさおり)の話

加藤 元Gen Kato

     一

 患者さんの連続不審死事件?
 O病院の事件のことですか? それならTVのニュースで見ました。

     *

 はい、藤井茉那(ふじいまな)さんは知っています。
 前に働いていた病院で、同期でした。
 でも、藤井さんは、O病院とは関係ないですよね。確かE病院に勤めていたはずでしょう。え、彼女がいたE病院でもO病院と同じような事件があったんですか。いいえ、知りません。私、基本的にTVって、ドラマ以外は観ないし、新聞も読まないんです。インターネットでニュースの検索をすることもあまりないから、そういった情報に疎いんですよ。看護師友だちからの噂(うわさ)? それもないなあ。私、あんまり仕事関係で親しい人間、多くないんです。藤井さんとも、ここ二年ばかりは会っていません。年賀状のやりとりくらいかな。
 もちろん、O病院の事件に関しては、けっこう熱心にネットの記事を読みましたけどね。看護師が起こした事件だから、やはり気になりました。意見? ううん、いろんな看護師がいるけれど、犯人は心を病んでいたんだろうな、としか言いようがないです。恨みからでも、憎しみからでもなく、他人の命を奪えるって、常識じゃちょっと考えられませんよね。確かに、看護師の仕事をしていれば、死が身近に、日常的に起こりすぎて、命に関する感覚が麻痺(まひ)してしまうことはあるかもしれない。でも、それはあくまで私たちの側の感覚に過ぎなくて、患者さんはひとりひとり違うんですからね。ひとりひとりに別の日常がある。かけがえのない日常があるんです。たとえ将来(さき)の長くない患者さんだとしても、長くないからこそ一日一日が大事なわけじゃないですか。本人にとっても、ご家族にとっても、そうですよね。私たち看護師は、そういうひとたちをたくさん見て来ているのに、自分の勝手な都合で命を断ち切るなんて、あり得ない。許されないことですよ。O病院事件の犯人は、人間として正常な判断力を失っていたんでしょう。そうとしか考えられません。
 ところで、E病院で起きた連続不審死事件って、どういうものなんですか? どうしてTVやネットで大きく報道されないんでしょう?
 確実に「事件」と呼べるものではない? そういった噂が流れているのが、週刊誌の「疑惑」特集で採り上げられただけ? 
 なあんだ。それじゃ、私が知っているわけがないですね。つまり、噂話に毛が生えたようなものなんでしょう?
 ただの噂とも言いきれない? ふうん、警察が捜査をはじめているんですか。
 何ですって? 藤井さんが、疑われている? 
 冗談でしょう。まさか、彼女がそんなことをするはずがない。
 どういう事件なんですか。詳しく教えてください。

プロフィール

加藤元(かとう・げん) 1973年神奈川県生まれ。作家。2009年『山姫抄』で第四回小説現代長編新人賞を受賞しデビュー。11年に発表した『嫁の遺言』が大きな話題を呼ぶ。他の著書に『流転の薔薇』『ひかげ旅館へいらっしゃい』『四百三十円の神様』『好きなひとができました』など。

Back number