よみもの・連載

本日はどうされました?

第五章 佐倉早織(さくらさおり)の話

加藤 元Gen Kato

 フリーって、どういう身分なんです。出版社からお給料はもらわないで、注文を受けて取材をして、記事だけ書いて売っているということですか?
 藤井さんの、いいえ、E病院の事件も、この名刺にある週刊誌から取材を依頼されたってことですか? 
 違う? 持ち込み?
 たまたま、E病院にまつわる噂を聞きこんだことがきっかけで、売り込んだんですか。ふうん、関係者に知り合いがいたんですか。そうですか。関係者って、病院の中の人間ですか、それとも入院患者?
 情報源は答えられない? ははあ、そういうものなんですね。
 私の話、どう思いました? 困っていますね。藤井さんを犯人に仕立てる気はないし、事件そのものを否定してますからね。わざわざ時間を使って、私なんか追っかけて、それじゃ仕事になりませんよね。
 この記事を書くの、やめちゃったらどうですか?
 やめない? それはそうか。これまでの取材が無駄になっちゃいますものね。でも、事実じゃないことをでっち上げるのは、やめてほしい。
 でっち上げない? 本当ですか?
 こうなったら、自分なりの真実を突き止めたい? 
 本当にそう思います? 
 だって、実際になにもなかったら、記事は書けませんよね。調べたらなにもなかったです、なんて記事じゃ、雑誌に載りっこないし、お金がもらえないでしょう?
 それでも仕方がない? 本気ですか?
 これまでにも、お金にならなかった取材はあった? そうですか。ずいぶん不安定なお仕事だなあ。ちゃんとごはんは食べられるんですか?
 暮らしを立てるため、いろいろな記事を書いている。刑事事件の裁判の傍聴記事が主だけど、収入は不安定。
 大変だなあ。失礼ですけど、ご結婚はされてます?
 独身? そうでしょうね。結婚したって、奥さんも働いていないと、お仕事は続けられませんよね。
 看護師はどうかって? ははは。
 正直言って、あんまりおすすめできないな。
 看護師は、身内に冷たいですよ。私も冷たいです。家族や彼氏がインフルエンザにかかっても、やさしくしません。
 看病なんかしませんよ。うつされたら困りますもの。
 私、自分も看護師だけど、看護師をしている女って好きじゃないんですよ。藤井さんみたいに仲良くなれば別ですけど。だって、藤井さん、要領は悪いけど、性格は悪くないですからね。ほとんどそんな子はいません。さっきも言いましたけど、友だちは看護師以外の子ばかりです。
 看護師は、ねえ。医者や看護師長の顔色ばかり窺(うかが)って、同僚にばかり業務を押しつける。どんなに忙しくても、自分のデスクに貼りついて動かない。ナースコールにはぜったいに出ない。自分本位で底意地の悪い性格が、それはもう露骨に見える。
 藤井さんに関してはもちろん、私だっていろいろあって、S病院を辞めたんです。さいわい、今のクリニックではのんびりやっているけれど、藤井さんの場合はそうはいかなかったみたい。E病院でも、以前と同じことが起きたんですね。
 情けないと思います。人間の社会って、何なんだろう。
 みんな同じような行動をしなくちゃいけない。正解はひとつみたいに縛り付けて、横並びでお互いに仲いいふりをして、息苦しくなっている。
 だから、かえって陰湿に、蔭(かげ)でこそこそ悪だくみをして、足を引っ張ったりする。そんなひとが「みんな」の中に残る。
 厭(いや)な話ですよ。

プロフィール

加藤元(かとう・げん) 1973年神奈川県生まれ。作家。2009年『山姫抄』で第四回小説現代長編新人賞を受賞しデビュー。11年に発表した『嫁の遺言』が大きな話題を呼ぶ。他の著書に『流転の薔薇』『ひかげ旅館へいらっしゃい』『四百三十円の神様』『好きなひとができました』など。

Back number