よみもの・連載

最新!世界の常識検定

サイバーセキュリティにくわしい小説家・一田和樹が出題する、ネット時代の新常識クイズ第9問!
スマホで手軽にインターネットを利用している人は多くなりました。さて今回はスマホ経由でのネット利用についての問題です。


世界的なクリエイティブ・エージェンシー「we are social」がとりまとめたレポート『DIGITAL2020』によれば、世界全体のインターネット利用者の91%がスマホ経由でインターネットを利用している。スマホ以外のモバイル機器も含めると92%になる。この中にはパソコンとスマホの両方あるいはタブレットを使っている人も含まれている。パソコンでネットを利用している人はスマホでもネットを利用していることが多いが、スマホでネットを利用しているからといってパソコンも使っているとは限らない。同レポートには利用時間についてのデータも掲載されている。

1日当たりのモバイルインターネット利用時間を見ると、世界平均は3時間22分で日本はもっとも少なく1時間32分となっている。世界トップ5は下記の通りである。なお、日本の2018年に公開された総務省の調査結果では1時間5分となっており、もっと少ない。『DIGITAL2020』と総務省の調査の差は、調査方法や調査対象が異なっていることが原因と考えられる。たとえば『DIGITAL2020』の調査は16歳から64歳までを対象としているが、総務省の調査では13歳から69歳までとなっており、じゃっかん調査対象が広い。

  • 1位 フィリピン 5時間11分
  • 2位 タイ 4時間57分
  • 3位 ナイジェリア 4時間50分
  • 4位 コロンビア 4時間49分
  • 5位 インドネシア 4時間46分

モバイル、特にスマホ経由でインターネットを利用する人の比率は世界的に増加しており、日本でもその傾向が顕著に出ている。また、総務省の調査では休日のモバイル経由でのネット利用時間が顕著に多く、特に10代、20代において突出している。

モバイルの利用増加にはさまざまな理由が考えられる。手軽かつ常に持ち歩いていることや、待ち合わせや行き先の確認など移動中の利用に便利なこともその理由だろう。また、発展途上国などではモバイル機器のほうがパソコンなどよりも安価に購入、利用できることも大きな要因と考えられる。
インターネットの普及が遅れている国に無償でインターネットを提供するサービスをフェイスブックが行っており、そうした国では主に安価なモバイル機器でインターネット接続を行うようになっている。フェイスブックのこのサービスによってインターネット利用が飛躍的に伸びた国は多く、世界全体のモバイル利用率を押し上げる要因のひとつとなっている。


参考
DIGITAL2020(2020年1月30日、we are social)
https://wearesocial.com/blog/2020/01/digital-2020-3-8-billion-people-use-social-media
「平成29年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」(2018年、総務省情報通信政策研究所)

プロフィール

一田和樹(いちだ かずき) 東京生まれ。経営コンサルタント会社社長、IT企業の常務取締役などを歴任後、2006年に退任。
10年、「檻の中の少女」 で島田荘司選 第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞し、デビュー。
著書に『女子高生ハッカー鈴木沙穂梨と0.02ミリの冒険』『天才ハッカー安部響子と五分間の相棒』『キリストゲーム』『絶望トレジャー』など。
http://www.ichida-kazuki.com/ Twitter:@K_Ichida

Back number