よみもの・連載

最新!世界の常識検定

サイバーセキュリティにくわしい小説家・一田和樹が出題する、ネット時代の新常識クイズ第16問!
中国と一帯一路参加国の人口の合計についてのクイズです。


中国と一帯一路参加国の人口を合計すると世界の人口の62%となり、GDPでは30%、エネルギー資源では75%を占める(2018年時点)。投資規模では2027年までに中国は一帯一路に120兆円から130兆円を投資すると考えられている。
さらに一帯一路参加国のほとんどはグローバル・サウス(アジア、アフリカ、ラテンアメリカ)諸国であり、今後人口が増加し経済が発展すると予想されている。つまり、人口とGDPにおいて、さらに世界における存在感が大きくなると考えられる。
国連の人口予測によれば特に人口増加が見込まれるのはアジアとアフリカであり、なかでもアフリカの伸び率が高い。人口増加を経済の発展に結びつけるためには教育が不可欠だが、前回のクイズで紹介したように中国および一帯一路参加国は大規模な教育支援を行っている。その結果、世界の高等教育のあり方を変容させるほどの影響力を持つにいたっている。


出典
The Belt and Road Initiative Opportunities and Risks for Africa’s Connectivity(2019年1月、China Q of Int' l Strategic Stud掲載論文)
https://www.researchgate.net/publication/335238107_The_Belt_and_Road_Initiative_Opportunities_and_Risks_for_Africa's_Connectivity
China’s Massive Belt and Road Initiative(2020年1月28日、Council on Foreign Relations)
https://www.cfr.org/backgrounder/chinas-massive-belt-and-road-initiative
World Population Prospects 2019(国連)
https://population.un.org/wpp2019/

プロフィール

一田和樹(いちだ かずき) 東京生まれ。経営コンサルタント会社社長、IT企業の常務取締役などを歴任後、2006年に退任。
10年、「檻の中の少女」 で島田荘司選 第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞し、デビュー。
著書に『女子高生ハッカー鈴木沙穂梨と0.02ミリの冒険』『天才ハッカー安部響子と五分間の相棒』『キリストゲーム』『絶望トレジャー』など。
http://www.ichida-kazuki.com/ Twitter:@K_Ichida

Back number