よみもの・連載

最新!世界の常識検定

サイバーセキュリティにくわしい小説家・一田和樹が出題する、ネット時代の新常識クイズ第43問!
今回は、GitHubについてのクイズです。


GitHubはプログラムのソースコードを管理するオンラインサービスで、個人での利用ならほぼ無償である。チームや企業での利用には有償プランが用意されている。
GitHubという名称は「Git」の「Hub」ということからついている。「Git」とはプログラムのバージョン管理システムのことである。プログラムを開発するにあたっては、修正や更新の履歴を管理することが重要になる。修正した後で間違いに気づいて、ひとつ前に戻りたいことはよくある。その際、いちいち自分でコピーを保存しておくのは面倒である。それをGitは自動で行ってくれる。
チームで開発する際には、複数人が同一のコードを利用している時などに問題が起こりやすい。そうした問題も調整してくれる。
Gitはこうしたプログラムのバージョン管理を分散型で実現したシステムで、そのGitがオンラインで集まる場所ということでGitHubである。
似たようなサービスは他にもあるが、さまざまなオープンソースのコードがここで管理されていることや、コミュニティ機能なども充実しているためGitHubは人気がある。多くの企業がGitHubを利用しており、GitHubのユーザ事例のページには、KDDIや富士通などの名前が並ぶ。

GitHubで管理できるのはプログラムだけでなく、バージョン管理の必要な画像やテキストファイルなどさまざまなものも管理可能となっている。小説家と編集者の間の原稿のやりとりや複数人の共同執筆などもGitHubで行われている。


GitHub
https://github.co.jp



プロフィール

一田和樹(いちだ かずき) 東京生まれ。経営コンサルタント会社社長、IT企業の常務取締役などを歴任後、2006年に退任。
10年、「檻の中の少女」 で島田荘司選 第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞し、デビュー。
著書に『女子高生ハッカー鈴木沙穂梨と0.02ミリの冒険』『天才ハッカー安部響子と五分間の相棒』『キリストゲーム』『絶望トレジャー』など。
http://www.ichida-kazuki.com/ Twitter:@K_Ichida

Back number