よみもの・連載

最新!世界の常識検定

サイバーセキュリティにくわしい小説家・一田和樹が出題する、ネット時代の新常識クイズ第49問!
今回は、タリン・マニュアルについてのクイズです。


タリン・マニュアルとは、2013年に公開されたNATO(北大西洋条約機構)のサイハ゛ー防衛協力センター(CCD COE)の資料で、サイバー戦に適用可能な国際法についてまとめたものである。武力による紛争などにはすでに国際法が存在するが、サイバー空間での戦いについての扱いはこれまで整理されていなかった。タリン・マニュアルは国際法をサイバー空間にあてはめた場合の適用方法について包括的にまとめた最初の資料である。

タリン・マニュアルは同組織の主力プロジェクトで世界各国の専門家が結集して作業に当たった。2017年には対象範囲を広げたタリン・マニュアル2.0、2021年にはタリン・マニュアル3.0の作業が始まっている。
サイバー空間の争いは増加しているが、国際的な統一ルールはまだ存在していない。包括的に国際法とサイバー空間での問題の関係を整理した唯一の資料とも言えるのがタリン・マニュアルである。そのため政策関係者やサイバー関連の法律関係者にとって数少ない貴重な拠(よ)り所になっている。

ただし、NATOのプロジェクトなので、サイバー戦争におけるキープレイヤーであるロシアや中国はプロジェクトに参加していない。そのため国際的合意があるわけではなく、公式なルールブックというわけでもない。

>NATO CCDCOE The Tallinn Manual
https://ccdcoe.org/research/tallinn-manual/

プロフィール

一田和樹(いちだ かずき) 東京生まれ。経営コンサルタント会社社長、IT企業の常務取締役などを歴任後、2006年に退任。
10年、「檻の中の少女」 で島田荘司選 第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞し、デビュー。
著書に『女子高生ハッカー鈴木沙穂梨と0.02ミリの冒険』『天才ハッカー安部響子と五分間の相棒』『キリストゲーム』『絶望トレジャー』など。
http://www.ichida-kazuki.com/ Twitter:@K_Ichida

Back number