よみもの・連載

最新!世界の常識検定

サイバーセキュリティにくわしい小説家・一田和樹が出題する、ネット時代の新常識クイズ第51問!
今回は、中国のグレート・ファイアウォール(金盾工程)についてのクイズです。


グレート・ファイアウォール(金盾工程)は、中国政府の電子化(E-Government化)を推進するGolden Project(金字工程)のひとつで、インターネットを監視、検閲、ブロックする仕組みを指す。特定のウェブサイトの閲覧やサービスへのアクセスを止めたり、特定のキーワードを含む通信をブロックしたりしている。
そのため中国本土ではフェイスブック、LINEなどのSNSが使えなくなっている。VPNなどを使って回避することは可能で、回避してアクセスできるブラウザも存在するものの、その利用に電話番号を含めた個人情報の登録が必要で、当局と情報が共有される可能性が指摘されている。

同じくインターネットの規制強化を進めているロシアは中国の協力を得ていると指摘されている。中国は自国で使用している検閲、監視、管理システムを海外に販売しており、今後グレート・ファイアウォールのようなシステムが他の国にも導入される可能性がある。

Putin brings China's Great Firewall to Russia in cybersecurity pact
(The Guardian、2016年11月29日)
https://www.theguardian.com/world/2016/nov/29/putin-china-internet-great-firewall-russia-cybersecurity-pact

China is exporting the Great Firewall as internet freedom declines around the world
(CNN、2018年11月2日)
https://edition.cnn.com/2018/11/01/asia/internet-freedom-china-censorship-intl/index.html

The Digital Dictators How Technology Strengthens Autocracy
(Foreign Affairs、2020年3月/4月号)
https://www.foreignaffairs.com/articles/china/2020-02-06/digital-dictators

プロフィール

一田和樹(いちだ かずき) 東京生まれ。経営コンサルタント会社社長、IT企業の常務取締役などを歴任後、2006年に退任。
10年、「檻の中の少女」 で島田荘司選 第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞し、デビュー。
著書に『女子高生ハッカー鈴木沙穂梨と0.02ミリの冒険』『天才ハッカー安部響子と五分間の相棒』『キリストゲーム』『絶望トレジャー』など。
http://www.ichida-kazuki.com/ Twitter:@K_Ichida

Back number