連載
アイランド・ホッパー
4 軍艦島 中澤 日菜子 Hinako Nakazawa

 出島を出、ホテルに荷物を置いてからお夕飯へ。今宵はYさんプレゼンツ「アラの宴」である。
 じつは恥ずかしながらわたくし「アラ=魚の粗」だとばかり思い込み、「冬は骨のまわりが旨いのかな」などと考えていた。だがしかし違うのである。長崎で言うアラとは超高級魚クエのこと。スーパーでひと山三百円で買えるシロモノとは全く違うのだった。しかもYさんが連れて行ってくださったのは銅座町にある老舗割烹「銀鍋」。かの食通・檀一雄「火宅の人」にも登場する名店中の名店だ。そんな由緒正しき店を「ひと山三百円」だと思っていたとは……Yさんごめんなさい。


 ご馳走になったのは「珍味三種盛」から始まる「あら尽くしコース」。まず出てきたのが藍の大皿に盛られた「あら刺し」。薄造りの透き通るような白い身は、いっけん河豚(ふぐ)のように見えるが河豚より歯ごたえがあり、脂がもっちりと乗っている。身だけではなく小腸や肝も添えられ、内臓ならではのこりこりした食感や独特の旨みが楽しめる。つづいて「あらのあら煮」。大ぶりの骨についた身は、魚よりも肉に近いしっかりした噛みごたえが楽しめる。出汁のよく出た甘みの強い煮汁が身に絡み、たまらなく美味しい。「あらの焼き八寸」は西京焼きがメイン。つづく「あらの竜田揚げ」は下味がしっかりとつき、外はかりかり、噛むと、じゅわっ、肉汁ならぬ「あら汁」があふれ出る。珍しいのは揚げた皮も食べられるところ。さくさく香ばしい皮が、地の麦焼酎壱岐ゴールドととてもよく合う。
 最後の大物は、待ってました「あらちり鍋」。透明なスープに白菜や葱を入れ、あらを豪快に投入。あらも美味しいが、出汁を吸った野菜の甘いこと! そして鍋の〆といえばやはり雑炊。ご飯を入れ、軽く煮立ったところで溶き卵をとろーり。すべての旨みを吸い込んだ金色に光る雑炊を夢中で掻きこむ。至福の一瞬である。
 美味しいおいしいと食べつづけるわたしとM嬢を嬉しそうに見ながらYさんが、「やっぱり初日に食べてもらって正解でした。軍艦島に渡ったあとだと胃がダメになってるかもしれないし」またしてもオソロシイことばをつぶやく。思わず箸を止め、ふたたび不安げに視線を交わすわたしとM嬢であった。



  3      次へ
 
〈プロフィール〉
中澤 日菜子(なかざわ ひなこ)
1969年、東京都生まれ。慶應義塾大学 文学部卒業。日本劇作家協会会員。
2013年に『柿の木、枇杷も木』で第八回小説現代長編新人賞を受賞。翌年タイトルを『お父さんと伊藤さん』に改め同作で小説家デビュー。16年映画化された。最新刊は「ニュータウンクロニクル」(光文社刊)。2017年11月号より小説すばるで長編小説「石灯る夜」を連載中。
Back number
7 天草
6 田代島
5 座間味島
4 軍艦島
3 八丈島
2 礼文島
1 桜島