よみもの・連載

御茶ノ水署シリーズ

影のない女(後編)

逢坂 剛Gou Ousaka

 猿楽通りを左に曲がり、〈ブライトン〉に向かう。
 このあたりに来ると、もう人通りがほとんど途絶えてしまった。ときどき、車が行き来するだけだ。
 足を止めて、〈ブライトン〉を斜めに見渡せる、十字路の角の建物に身を隠す。あたりに目を配ったが、あきれるほど人影がない。
〈ブライトン〉がはいった、小さな建物の二階の壁から、ほの暗い明かりがぼんやりと三つ、漏れている。
 そういえば〈ブライトン〉の、カウンター席の背後の梁(はり)の上に、申し訳程度に小窓が二つか三つ、切られていたのを思い出した。確か、濃いめの色つきガラスの窓で、派手な壁紙と紛れたせいか、ほとんど忘れていたのだ。
 木下は、女が出るときは一秒だけ消灯する、と言った。
 しかし、たった一秒ではまばたきしたときに、見落とす恐れがある。なんとなく、不安になった。
 いや、合図を当てにするまでもない。このあいだのいでたちなら、見過ごす心配はまずないだろう。
 見張るあいだにも、通りの左右に目を配る。
 またぞろ、高梨(たかなし)一郎が姿を現すのではないか、と不安になった。実際、ありえないことではない、という気がする。
 しかし高梨どころか、人っ子一人見当たらなかった。
 九時まであと七分というとき、例の小窓の明かりが消えた。一瞬まばたきと重なり、あわてて目をこらす。
 明かりはもはや、点滅しなかった。
 すると、一分もしないうちに木の扉が開いて、人影が一つ出て来た。体つきからして、女だと分かる。
 しかし、その女は一昨夜とはまるで異なる、カジュアルな格好をしていた。
 金茶色に染めて、たてがみのように盛り上げた、もじゃもじゃの髪。
 体にぴったりした、黒の革ジャン。
 細身の、洗いざらしのジーンズ。
 真っ白なスニーカー。
 化粧は、夜目にもはっきり分かるほど、濃い。
 真っ青なマスカラに、真紅の口紅が街灯の下に、浮き上がる。
 梢田は、かすかに記憶をくすぐられる気がしたが、まさかという思いでそれを打ち消した。
 どちらにせよ、通りを挟んで遠目に見る限り、一昨夜と同じ女かどうかは、分からなかった。この分では、すぐそばで顔を突き合わせても、見分けられないかもしれない。
 とはいえ、いちばん近くにいた木下太郎が、前々日と同じ女だと判断して、連絡をよこしたのだ。信じるほかはない。
 もし人違いなら、あとでとっちめてやる。
 女が、前回と同じ方向に歩きだすのを確かめ、反対側の歩道に沿ってあとを追った。
 今夜もやはり、女坂(おんなざか)へ向かうのか。そして何者かと、もう一度クスリらしきものを、やり取りするのか。
 だとすれば、またぞろ高梨がその近辺にひそんで、つごうよく飛び出して来る、という可能性もある。なんとなく、いやな予感がした。

プロフィール

逢坂 剛(おうさか・ごう) 1943年東京生まれ。80年「暗殺者グラナダに死す」で第19回オール讀物推理小説新人賞を受賞。86年に刊行した『カディスの赤い星』で第96回直木賞、第40回日本推理作家協会賞、第5回日本冒険小説協会大賞をトリプル受賞。2014年、第17回日本ミステリー文学大賞を受賞。15年『平蔵狩り』で第49回吉川英治文学賞を受賞。「百舌」シリーズ、「御茶ノ水署」シリーズほか著書多数。

Back number