よみもの・連載

御茶ノ水署シリーズ

地獄への近道

逢坂 剛Gou Ousaka

 梢田にすれば、まるで聞いたことのないタイトルだが、ジェームズ・ギャグニーの名前には、聞き覚えがあった。
 戦前から、よく知られたギャング役者で、顔もちゃんと承知している。
 子供のころ、テレビ放映の古い西部劇を見ただけだが、ちびのくせにやけに威勢のいい役者だな、と感心した記憶がある。
 梢田は首を傾け、小百合にささやきかけた。
「今、ジェームズ・キャグニーと言ったが、あれはギャグニーの間違いだろう」
 小百合も体を寄せて、ささやき返す。
「いいえ。キャグニー、が正しいです。お年寄りのファンには、ギャグニーと思っている人が、多いですけど」
 梢田はむっとした。
「おれは、年寄りじゃないがね」
 今まで知らずにいたことと、それを小百合に指摘されたことで、少し落ち込む。
 しかし、どう考えてもキャグニーよりギャグニーの方が、言いやすいではないか。
 ミスミが続ける。
「初めての監督作品だからでしょうか、キャグニーは映画の冒頭にわざわざ顔を出して、観客に挨拶しています。めったにない例ですが、それだけこの作品に力を入れたことが、伝わってきます。それが報われたかどうかは、これからのお楽しみです。ついでながら、この作品は日本ではビデオ化も、DVD化もされていません。また、テレビ放映がされたかどうかも、確認されておりません。そのため、わたくしが字幕を作成いたしましたので、あるいは間違い等があるかも知れません。その点はあらかじめ、おわびしておきます。また終了後、この作品についてご説明するとともに、ご質問等がございましたら、お受けいたしますので、よろしくお願いします」
 一呼吸おいて、おもむろに宣言した。
「それでは、始めさせていただきます」
 ミスミは壁から離れ、パーティションで仕切られた、室内の一角へ姿を消した。
 次いで、照明がフェイドアウトするとともに、真っ白な壁に白黒の画面が、映し出される。
 確かに、監督ジェームズ・キャグニー(James Cagney)、と書かれたディレクターズチェアの大写しから、カメラが引いて後ろ向きのキャグニーが、立ち上がる。
 キャグニーは、こちらに向き直って、話し始めた。
「映画製作には、いろいろな要素があります。照明、カメラ、フィルム、小道具等々。その中で、もっとも大切な要素の一つは、俳優のキャラクターです。今回、さいわいにもわたしは、二人のすぐれた新人に、恵まれました。ロバート・アイヴァースと、ジョージアン・ジョンスンです」
 かなりの早口なので、字幕が追いつかないほどだ。
 どちらにせよ、二人とも梢田の知らない俳優だった。
 それが終わって、画面にタイトルが出る。

 〈Short  Cut  to  Hell〉

 英語が、というより日本語以外はまるで苦手な梢田にも、邦題の『地獄への近道』がもろの直訳だ、くらいはなんとか分かった。

プロフィール

逢坂 剛(おうさか・ごう) 1943年東京生まれ。80年「暗殺者グラナダに死す」で第19回オール讀物推理小説新人賞を受賞。86年に刊行した『カディスの赤い星』で第96回直木賞、第40回日本推理作家協会賞、第5回日本冒険小説協会大賞をトリプル受賞。2014年、第17回日本ミステリー文学大賞を受賞。15年『平蔵狩り』で第49回吉川英治文学賞を受賞。「百舌」シリーズ、「御茶ノ水署」シリーズほか著書多数。

Back number