連載
沖縄はどう生きるか
③誰にも知られたくなかった沖縄の戦前の謎と戦後の闇 佐野眞一 Shinichi Sano

 清水次郎長は逮捕されてから約1か月後の4月7日に、処罰が言い渡されている。翌8日、当時静岡県内で発行されていた「函右日報」は、次郎長の肩書きをこう伝えている。

〈任侠を以て名高かりし治郎長(山本長五郎)外一名は昨七日当警察本署に於て左の如く宣告されたり
 静岡県駿河国有渡郡清水町平民
 農間薪炭商 山 本 長五郎〉
 次郎長の職業が薪炭商となっているのは、博徒大刈込が行われる5年前の明治12(1879)年、次郎長が前掲の山岡鉄舟らの協力を得て、油田開発に乗り出しているからである。また次郎長はこれより前の明治9(1876)年には、静岡特産のお茶を海外販売するためには語学教育も必要と考えて、清水町に英語塾も開設している。
 次郎長が単なる時代遅れの「博徒」ではなかったことが、この経歴だけでもわかる。次郎長の処罰内容を伝える「函右日報」は、こう続けている。

〈其方儀数十年来賭博ヲ以テ業トスルノミナラズ〈中略〉家宅ヨリ発見シタル賭具等の(ママ ノ)衆証ニ依リ(筆者注・博徒行為は)明白ナリトス依テ賭犯(ママ 博)犯処分規則第一条二項ニ拠リ懲役七年過料金四百円ニ処ス〉

 何の裁判も審理もない、いわば抜き打ちの重刑だった。この判決を聞いた次郎長はこんな捨て台詞を吐いたという。
「この長五郎はとうの昔に足を洗って堅気になり、お国の為になる仕事をしてほめられている人間だ。それを牢に入れるとは怪しからぬ。今に見てろ、俺が出たら県令の奴ブチ殺してくれる」(『人間清水次郎長』戸田書店)
 しかし、そう息巻いたとて、もう完全に後の祭りだった。清水次郎長こと山本長五郎は、この異常に重い刑を宣告されて、静岡県の井之宮監獄(現・静岡刑務所)に収監された。
「明治十七年の博徒大刈込」を書いた水谷藤博は、前掲の「東海近代史研究」(第5号)で、この重い刑についてこんな考察をしている。

〈まず次郎長の場合、「懲役七年、罰金四百円」という、規則のうちでは、かなり重い刑罰に処せられているが、その「言渡」の中に「数十年来賭博ヲ以テ業トスルノミナラズ」とあって、その罪状が旧幕時代にまで遡及して、その対象とされたことは、彼にしてみれば、慶応四年三月、大総督府判事伏谷如水の意をうけて、東海道探索方をつとめ、また明治七年には大迫県令や山岡鉄舟のすすめで、富士の裾野の開墾事業に着手するなど、進んで体制側に協力する姿勢を示していた矢先のことだけに、その処分申渡しは、慮外のことであったはずである〉

 時に次郎長64歳。老いの身にとってはきつい処分だった。



 
〈プロフィール〉
佐野眞一(さの・しんいち)
ノンフィクション作家。1947年、東京生まれ。97年『旅する巨人 宮本常一と渋沢敬三』で第28回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。2009年『甘粕正彦 乱心の曠野』で第31回講談社ノンフィクション賞を受賞。著書に、『巨怪伝』『東電OL殺人事件』『だれが「本」を殺すのか』『沖縄だれにも書かれたくなかった戦後史』『沖縄戦いまだ終わらず』など多数。
Back number
④沖縄県人に活を入れる“琉球一の男”徳田球一、波瀾万丈の人生
③誰にも知られたくなかった沖縄の戦前の謎と戦後の闇
②元海兵隊員も反対の座り込みに参加する辺野古埋め立てと高江のヘリパッド基地
①うるま市女性暴行殺人事件傍聴記