よみもの・連載

佐藤満春トイレの輪〜トイレの話、聞かせてください〜

第2回 ノンフィクション作家・高野秀行氏

佐藤満春Mitsuharu Sato

心からトイレを愛する芸能界No.1トイレマニア、サトミツこと佐藤満春が、ゲストとトイレについて語り合う対談企画!
第2回目のゲストは、「辺境作家」の高野秀行さん。
さまざまな秘境を旅してきた高野さんがトイレについて思うこととは……!?

撮影/五十嵐和博



佐藤
お会いできて光栄です。
高野
いやいや、とんでもない。
佐藤
僕、トイレがすごく好きなんですけど、僕が見たことのないようなトイレばかり、多分相当経験されてきたと思うのですが。
高野
トイレかどうかわかんないような(笑)。
佐藤
そうなってきますよね。いろんなお話を伺っていきたいと思います、よろしくお願いします。
高野
お願いします。
プロフィール

佐藤満春(さとう・みつはる) 1978年生まれ。テレビ番組等の構成作家、お笑いコンビ「どきどきキャンプ」として活動中。トイレ博士としてイベントに出演したり、トイレを研究するラジオ番組のパーソナリティーなども務める。日本トイレ協会会員。掃除能力検定士(5級)。名誉トイレ診断士。トイレクリーンマイスター。

高野秀行(たかの・ひでゆき) 1966年、東京都八王子市生まれ。ノンフィクション作家。
早稲田大学探検部在籍時に書いた『幻獣ムベンベを追え』(集英社文庫)をきっかけに文筆活動を開始。
「誰も行かないところへ行き、誰もやらないことをやり、それを面白おかしく書く」がモットー。アジア、アフリカなどの辺境地をテーマとしたノンフィクションのほか、東京を舞台にしたエッセイや小説も多数発表している。

Back number