よみもの・連載

佐藤満春トイレの輪〜トイレの話、聞かせてください〜

第3回 小説家・朝井リョウ氏

佐藤満春Mitsuharu Sato

佐藤
なんかこう、世の中の大きいムーブメントが起きないといけないなと思いますね。それこそウォシュレットを発売したとき、TOTOは「おしりだって、洗ってほしい」という戸川純さんの出演するCMをゴールデン帯に流したんですが、めちゃくちゃなクレームが来て……。
朝井
うわー、朝ドラ的な展開! 書き手としては都合のいい逆風です!
佐藤
そのクレームの電話に一本一本対応したんですよね。排泄は大事ですよと説得して。そうやって歴史を変えてきた。そして今では、もう四千万台、五千万台売れているという……。
朝井
すごい。泣ける。
佐藤
そういう大きい何かがあったら、国民の印象は変わるんだなというのもあって。
朝井
いろいろな苦労の末に生まれたものなんですね。
佐藤
苦労して開発して、テレビCMをつくり、そのクレームに対応して、その後、故障でまたトラブルがあったんですよ。温水を温める電熱線がショートしてしまうみたいなことがあって。そこで、信号機のICをつくっている会社に企画を持ち込んで、そこの部品を使うことにして。
朝井
信号機! でも確かに、防水携帯とか話題になったけど、防水の技術って信号が一番すごいんじゃない? って思ってました。
佐藤
そうなんですよ。水でショートしないという。だから、その技術を持っている会社と協力して……。
朝井
工場が脚光を浴びる瞬間も出てきた! 朝ドラに加えて池井戸潤感まで!
佐藤
あと、ノズルが伸縮するじゃないですか。あれは、行き詰まったプロジェクトチームのメンバーが、もうだめだと外へ出たときにタクシーのラジオのアンテナを見て、ノズルを伸ばせばいいとひらめいたんですよ。
朝井
すごい! 高視聴率の神回です! おめでとうございます!
佐藤
というような、いろいろな発見があったんですよ。
朝井
興奮!
プロフィール

佐藤満春(さとう・みつはる) 1978年生まれ。テレビ番組等の構成作家、お笑いコンビ「どきどきキャンプ」として活動中。トイレ博士としてイベントに出演したり、トイレを研究するラジオ番組のパーソナリティーなども務める。日本トイレ協会会員。掃除能力検定士(5級)。名誉トイレ診断士。トイレクリーンマイスター。

朝井リョウ(あさい・りょう) 1989年、岐阜県生まれ。早稲田大学文化構想学部卒業。2009年『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。13年『何者』で第148回直木賞受賞。14年『世界地図の下書き』で第29回坪田譲治文学賞受賞。 最新刊は『どうしても生きてる』(幻冬舎)。

Back number