連載
夫婦で行く 東南アジアの国々
「夫婦で行く 東南アジアの国々」 清水義範 Yoshinori Shimizu
第一章 ミャンマー(上)

 イタリアへも行った。バルカン半島の国々へも行った。そしてそれぞれ旅行記を書いた。
 さて、次はどこへ行ったものか、と考えることになる。年に一度か二度の海外旅行は、私たち夫婦にとって大きな楽しみであり、貴重な息抜きなのだ。どこか地域を決めてシリーズ風に何か国かを回り、旅行記にまとめるという仕事にもつながる。
「どこか面白い地域はないかな」
 と私が言うと、妻は思いがけない返答をした。
「東南アジアの国々はどうかしら」
 そこか、と私は言葉につまる。
「東南アジアだと、大体インドシナ半島の国でしょう。半島って歴史的に入り組んでいて面白いと思うの」
「だけど、東南アジアだと食事があんまり口に合わないんだよな。一度タイ料理店へ行って食べられなかったことがあるんだ」
「食事は我慢しなくちゃ。食べられるものだけ食べて、あとはビールを飲んでりゃいいんだから」
 どの国へ行っても、そうしているわけだしなあと、私が納得しかけた時、妻はこう言った。
「東南アジアって、日本人がよく行くところだからいいのよ。バルカン半島の国々もいいところだったけど、日本人があまり行かないところだから、旅行記がそんなに売れなかったでしょう。東南アジアの旅行記のほうが売れると思うわ」
 そう言われて私は決心した。よし、今度は東南アジアシリーズだと。
 そこで、旅行会社のパンフレットを集めてまずはどこへ行こうかと考えていくうち、日程がちょうどよいツアーとして、思いがけない国が候補にあがった。その国とは、ミャンマーである。
「観光で行ける国なのかな」
「ツアーがあるってことは行けるのよ」
 しかし、ミャンマーである。かつてビルマという国名だったが、軍事政権の独裁のようになって国名をミャンマーに変えた国だ。
 ただし、二〇一一年以降民主化政策が急速に進み、長らく自宅軟禁させられていたアウン・サン・スー・チー女史も自由になっているそうだ。その民主化って、どこまで本当のことなんだろう、という興味もわく。
 ミャンマーへ行ってみよう、という気に私はなった。二〇一三年の三月下旬から四月頭にかけての旅である。民主化後二年目のミャンマーをこの目で見ることにしよう。
 さて三月二十四日に出発だが、羽田空港から深夜に出発というのが珍しい。タイ航空機でまずタイのバンコックへ飛ぶと早朝の五時頃だ。空港で三時間待って、乗り換え線に乗り、八時四十分にミャンマーのヤンゴンの空港に着くのだ。バンコックまでの便でなるべく眠るようにした。



1         10 11 12 次へ
 
〈プロフィール〉
清水義範(しみず・よしのり)
1947年10月28日名古屋市生まれ。愛知教育大学卒業。81年『昭和御前試合』でデビュー。88年『国語入試問題必勝法』で第9回吉川英治文学新人賞を受賞。奇抜な発想とユーモアを駆使した小説やエッセイを次々と発表。著書多数。
Back number
第六章 マレーシア(上)
第五章 カンボジア(下)
第五章 カンボジア(上)
第四章 ベトナム(下)
第四章 ベトナム(上)
第三章 ラオス(下)
第三章 ラオス(上)
第二章 タイ(下)
第二章 タイ(上)
第一章 ミャンマー(下)
第一章 ミャンマー(上)