よみもの・連載

永遠の犬

第三回

新堂冬樹Fuyuki Shindou

『いつまでもそんな感じなら、スタッフに受け入れて貰えないぞ? 今回、みんながお前に背を向けたのが、その言動に原因があるってことをいい加減わからないとだめだ。このままだと、「ラストオネエ」が終わってお前に船を戻したくても、戻せなくなってしまう。なあ、南野。わかってくれるよな?』
「ああ、わかってるよ。俺が態度を改めずにスタッフと和解できないと、お前の思うツボだってことをな」
『南野っ、いい加減にしないか!』
 藤城の怒声が、スマートフォンのボディを震わせた。
「お前のほうこそ、俺を甘く見るのはそのへんにしておけ! いいか? これはれっきとしたクーデターだ。謀反を起こした裏切り者に、受け入れて貰おうなんて気はないっ。俺のやりかたで、必ず会社は取り戻す! 反逆者は切り捨て、新しい兵を入れればいいだけの話だ。もちろん、クーデターのA級戦犯のお前を真っ先に粛清するから、覚悟して待ってろ!」
 南野は一方的に宣戦布告し、電話を切った。
 苦々しい思いが、心から漏れ出し血液とともに全身を巡ったような気がした。
 すぐにディスプレイに藤城の名前が表示されたが無視した。
 南野は四つん這いの姿勢のまま、唇を噛(か)んだ。
 三十秒ほどして、ディスプレイの名前が消えた。
 間を置かず、ふたたび藤城の名前がディスプレイに浮かんだ。
 今度は、十秒ほどで消えた。
 藤城にたいしての発言が、後味が悪くないと言えば嘘になる。
 だが、南野を複雑な気分にさせているのは、発言が腹立ち紛れでもハッタリでもないという事実だ。
「ラストオネエ」の撮影が終われば、藤城以下スタッフ全員を解雇し、甘えた泣き言を口にせず仕事に徹するプロ集団で「港南制作」を作り直すつもりだった。
 微塵(みじん)も罪の意識を感じることはない。
 先に裏切ったのは藤城だ。
 自分を追い出した裏切り者から、会社を取り戻すだけの話だ。
 心の声とは裏腹に、南野の胸に広がる苦々しさは消えなかった。
 いつの間にか目の前にきていたパステルがスリッパを床に置き、南野をみつめた。
 不意に、慰められているような気分に襲われた。
 馬鹿な話だ。
 犬が人間を慰めるはずがないし、その前に状況を察することなど不可能だ。
 なにより、自分は慰められるようなことはしていない。
「哀しそうな顔するな。悪いけど、お前と遊んでる暇はないんだ」
 南野はスリッパを手に取り立ち上がるとリビングに戻った。
 ぴったりとあとをついてきたパステルが、ソファに腰を下ろす南野の足元にお座りして見上げた。
 相変わらず、哀しそうな瞳をしていた。
「しようがないな。ちょっとだけだぞ」
 南野は、スリッパをパステルの前に置いた。
 パステルは、南野を見上げたままだった。
「ほら」
 今度は、拾ったスリッパを遠くに投げた。
 パステルは銅像のように身じろぎひとつせず、南野をみつめていた。

プロフィール

新堂冬樹(しんどう・ふゆき) 小説家。実業家。映画監督。98年に『血塗られた神話』で第7回メフィスト賞を受賞し、デビュー。“黒新堂”と呼ばれる暗黒小説から、“白新堂”と呼ばれる純愛小説まで幅広い作風が特徴。『無闇地獄』『カリスマ』『悪の華』『忘れ雪』『黒い太陽』『枕女王』など、著書多数。芸能プロダクション「新堂プロ」も経営し、その活動は多岐にわたる。

Back number