よみもの・連載

永遠の犬

第五回

新堂冬樹Fuyuki Shindou

 日曜日の昼下がり――中目黒のイタリアンレストランのオープンテラスで、南野(みなみの)は行き交うカップルや子供連れの家族を、虚(うつ)ろな視線で追っていた。
 テーブルには、ビールが半分ほど入ったピルスナーグラスが置かれていた。
 店に入って三十分ほどで、既に七杯目だった。
 店員達も、正午を過ぎたばかりの時間帯に食事を頼まずにひたすらビールだけを飲む南野を好奇の目で見ていた。
 トイプードル、チワワ、見たこともないような毛むくじゃらの大きな犬……場所柄、犬を散歩させている人が多かった。
 パステルが横田(よこた)に連れて行かれて二週間が過ぎた。
 隣家の老人……斎藤(さいとう)が戻っている気配はないので、まだ入院しているのだろう。
 斎藤が一ヵ月経(た)っても退院できず、里親もみつからないときには、南野に連絡が入ることになっている。
 斎藤が戻ってくるまで、預かると口にしてしまったのだ。
 現実的には、会社を追われ、妻と別れ、他人の犬を預かる心の余裕などなかった。

――大学病院の場合は手術の練習台なので、そうなるでしょうね。ですが、動物病院は輸血用なので命に別状はありません。人間だって、献血で死にはしないでしょう? まあ、でも、死ぬまで血を抜かれる生活になりますがね。

 淡々と説明する横田の声が、南野の脳裏に蘇(よみがえ)った。
 南野が預からなければ子犬の命が奪われるとなれば、さすがに無視することはできなかった。
 パステルのことを思考から追い払おうとするかのように、グラスに残ったビールを一息に呷(あお)った。
 まだ、半月もある。
 斎藤はきっと、回復して退院できるに違いない。
「犬のことより、自分の心配しろって……」
 南野は自嘲気味に呟(つぶや)き、グラスの底でテーブルを叩(たた)いた。
 すっかり、酔っぱらいの店員の呼びかただ。
 軽く叩いたつもりが力を入れ過ぎ、響き渡る大きな音に周囲の客が驚いた顔を向けた。
 南野は苦笑いを浮かべ、その場を取り繕った。

プロフィール

新堂冬樹(しんどう・ふゆき) 小説家。実業家。映画監督。98年に『血塗られた神話』で第7回メフィスト賞を受賞し、デビュー。“黒新堂”と呼ばれる暗黒小説から、“白新堂”と呼ばれる純愛小説まで幅広い作風が特徴。『無闇地獄』『カリスマ』『悪の華』『忘れ雪』『黒い太陽』『枕女王』など、著書多数。芸能プロダクション「新堂プロ」も経営し、その活動は多岐にわたる。

Back number