よみもの・連載

永遠の犬

第六回

新堂冬樹Fuyuki Shindou

 グレイのカーペットが敷き詰められた十坪ほどの空間……会議室の長テーブルのデスクチェアに南野(みなみの)は座っていた。
 昨日の怪我(けが)で、頭部に巻いていた包帯は外してきた。
 これから大変な頼み事をする相手に、ネガティヴな印象は与えたくなかった。
 テーブルの上には、缶コーヒーやミネラルウォーターのペットボトルが二本ずつ置いてあった。
 まさか、ふたたび自分が「日東(にっとう)テレビ」を訪れる日がくるとは思わなかった。
「港南制作(こうなんせいさく)」が制作するドラマの九十パーセント以上は「桜(さくら)テレビ」からの委託だった。
 ライバル局である「日東テレビ」と、社長である南野が距離を置くのは当然の流れだった。
 だが、事情が変わった。
「港南制作」を捨てて新しい制作会社を立ち上げる肚(はら)を決めた南野にとって、「桜テレビ」に義理立てする理由はない。
 良心の呵責(かしゃく)はない。
 藤城(ふじしろ)と手を組み先に南野を裏切ったのは、「桜テレビ」の部長のほうだ。
 南野が罪の意識を感じる必要など、どこにもない。
 自分を裏切った者達を、漏れなく後悔させてやるつもりだった。
 南野はスマートフォンのデジタル時計に視線を落とした。
 AM11:40
 南野の右足が、貧乏揺すりのリズムを取った。
 会議室に通されて、既に三十分が過ぎていた。
 深呼吸を繰り返し、いら立ちを静めた。
「日東テレビ」との取り引きを成立させられるか否かに、これからの南野の人生がかかっていた。

プロフィール

新堂冬樹(しんどう・ふゆき) 小説家。実業家。映画監督。98年に『血塗られた神話』で第7回メフィスト賞を受賞し、デビュー。“黒新堂”と呼ばれる暗黒小説から、“白新堂”と呼ばれる純愛小説まで幅広い作風が特徴。『無闇地獄』『カリスマ』『悪の華』『忘れ雪』『黒い太陽』『枕女王』など、著書多数。芸能プロダクション「新堂プロ」も経営し、その活動は多岐にわたる。

Back number