よみもの・連載

永遠の犬

第七回

新堂冬樹Fuyuki Shindou

 公園の前の路上に停車していた白のセレナの後部座席に、男性の肩を借りながら南野は乗り込んだ。
 数十メートルの距離を歩いただけで、激しく息が上がっていた。
 相変わらず、頭痛と悪心が続いている。
 転倒して頭部を打った翌日に、あれだけ殴打されたのだから無理はない。
 テレビ業界から引退するという覚書を書かせるのが目的ではなく、南野を痛めつけるのが目的だとわかった時点で、藤城(ふじしろ)黒幕説の可能性は消えた。
 恐らく、自分に楯(たて)ついてきた南野に制裁を加えるために別所(べっしょ)が命じたに違いない。
 だが、別所への報復は後回しだ。
「かかりつけの病院はありますか?」
 男性が、振り返り訊ねてきた。
「六本木に……お願いします」
「もっと近い病院のほうが……」
「六本木じゃなければ……だめなんですっ」
 力を振り絞り、南野は言った。
「……わかりました。六本木の、どのへんですか?」
「六本木交差点のあたりに……お願いします。大声を出して……すみません」
 南野は行き先を告げると詫(わ)びた。
「いえ、気にしないでください。それだけの大声が出せれば、一安心です」
 男性が微笑み、顔を正面に戻すと車を発進させた。
 南野はヒップポケットから、スマートフォンを引き抜いた。
 着信履歴を開き、横田の電話番号をタップした。
 
 オカケニナッタデンワハ、デンゲンガハイッテイナイカ、デンパノトドカナイバショニアルタメ、カカリマセン。オカケニナッタデンワハ……。

 南野は電話を切り、祈るような気分でリダイヤルキーをタップした。
 ふたたび、コンピューターの合成音声が流れてきた。
 スマートフォンのデジタル時計は、午後四時五十五分になっていた。

プロフィール

新堂冬樹(しんどう・ふゆき) 小説家。実業家。映画監督。98年に『血塗られた神話』で第7回メフィスト賞を受賞し、デビュー。“黒新堂”と呼ばれる暗黒小説から、“白新堂”と呼ばれる純愛小説まで幅広い作風が特徴。『無闇地獄』『カリスマ』『悪の華』『忘れ雪』『黒い太陽』『枕女王』など、著書多数。芸能プロダクション「新堂プロ」も経営し、その活動は多岐にわたる。

Back number