よみもの・連載

永遠の犬

第七回

新堂冬樹Fuyuki Shindou

「よしよし! 頑張ったな」
 南野はパステルを抱きとめ、頭を撫でた。
 子犬を褒めるときと叱るときは、行為の直後でなければ意味がないらしい。
 パステルのスイッチが入り、飛び跳ねた頭部が頬に当たった。
「うっ……」
 南野は頬を押さえ、尻餅をついた。
 ひどい打撲を負った箇所にまともに頭突きが入ったので、言語に絶する激痛だった。
 頬骨がバラバラになったような気がした。
 いや、この腫れ具合から察して罅(ひび)くらい入っていても不思議ではない。
 骨折している可能性さえあった。
 病院には、明日、行くつもりだった。
 それから、早いうちに聖に会ってパステルを渡さなければならない。
 涙に滲(にじ)む視界……パステルが鼻を鳴らし、南野を心配そうに見上げていた。
 セットしていたアラームが鳴った。
「心配するな……大丈夫だから……」
 うわずる声で言いながら、南野は立ち上がった。
 ドッグフードは湯を吸って、白っぽくふやけていた。
 南野は一粒口に入れ、すぐにシンクに吐き出した。
「ほら、召し上がれ」
 南野がタッパーウェアを床に置いた瞬間、パステルがマズルを突っ込み物凄い勢いでドッグフードを食べ始めた。
「こんなまずいもの……よく食えるな」
 南野は、呆(あき)れたように呟いた。
 パステルが大きく口を開けて噎(む)せた。
「ゆっくり食べないと喉に詰まるぞ」
 ふたたびパステルが猛然と食べ始め、一分もかからないうちに完食した。
 食べ足りないのか、空になった容器を舐めていた。
「無視か?」
 苦笑いしながら、南野はタッパーウェアを取り上げた。
 タッパーウェアは洗う必要がないほどに、パステルの舌でピカピカになっていた。
 洗剤を取ろうとしたときに、シンクの縁に載せていたドッグフードの袋に肘が当たった。
 床に落ちたドッグフードの袋を素早くくわえたパステルがダッシュした。
「あ、だめだぞ……」
 追いかけて袋を取り上げようとした南野の手を躱(かわ)し、パステルがテーブルの下に潜り込んだ。

プロフィール

新堂冬樹(しんどう・ふゆき) 小説家。実業家。映画監督。98年に『血塗られた神話』で第7回メフィスト賞を受賞し、デビュー。“黒新堂”と呼ばれる暗黒小説から、“白新堂”と呼ばれる純愛小説まで幅広い作風が特徴。『無闇地獄』『カリスマ』『悪の華』『忘れ雪』『黒い太陽』『枕女王』など、著書多数。芸能プロダクション「新堂プロ」も経営し、その活動は多岐にわたる。

Back number