よみもの・連載

永遠の犬

第七回

新堂冬樹Fuyuki Shindou

「こら、返せっ。もう、たっぷり食べただろ」
 南野が膝をつくのと入れ代わりに、パステルが後肢を滑らせながらダイニングキッチンを駆け出しリビングへと逃げ込んだ。
「待てって!」
 南野は四つん這(ば)いでテーブルを潜(くぐ)り抜け、パステルを追った。
 パステルは遊んで貰っていると勘違いし、耳を後ろに倒し嬉々(きき)としてリビング中を逃げ回った。
 ソファに飛び乗り、飛び下り、南野に向かって突進してきた。
「そうだそうだ、こっちにおいで!」
 南野は中腰になり、両手を広げた。
 抱きとめようとした瞬間……パステルが南野の股の下を潜り抜けてリビングを飛び出した。
「おいおい、もう、勘弁してくれ……」
 南野は、スピードスケートのように廊下で四肢を滑らせて逃げるパステルを追った。
 ドッグフードの袋の口が開き、ドライフードが廊下に撒(ま)き散らされた。
 廊下の突き当たり――半開きになっている寝室のドアを見て、南野は舌打ちした。
「寝室はだめだ!」
 南野の命令も虚(むな)しく、パステルは呆気(あっけ)なく寝室に突入した。
 ドッグフードの袋を離したパステルはベッドに飛び乗り、枕を噛むと激しく頭を左右に振った。
「それはやめてくれっ」
 南野が叫ぶのと同時に、宙に羽毛が舞った。
「ああっ……その枕は高いんだぞ!」
 パステルが宙に漂う羽毛を噛もうと、二度、三度とジャンプした。
「もう、やめろって……」
 ようやく願いが通じたのか、パステルが動きを止めた。
「よかった……おいっ、なにをやっているんだ!?」
 パステルが腰を屈め、放尿を始めた。
「おいおいおい!」
 南野は血相を変えてベッドに飛び乗った。
 羽毛だらけの掛布団に、大きなシミが広がっていた。
 鼻孔の粘膜を刺激するアンモニア臭に、心が折れそうになった。
「パステル!」
 南野が叫ぶのを合図にしたように、パステルがベッドから飛び下り寝室を出た。
「もう、十分だろ!」
 南野はパステルのあとを追った。

プロフィール

新堂冬樹(しんどう・ふゆき) 小説家。実業家。映画監督。98年に『血塗られた神話』で第7回メフィスト賞を受賞し、デビュー。“黒新堂”と呼ばれる暗黒小説から、“白新堂”と呼ばれる純愛小説まで幅広い作風が特徴。『無闇地獄』『カリスマ』『悪の華』『忘れ雪』『黒い太陽』『枕女王』など、著書多数。芸能プロダクション「新堂プロ」も経営し、その活動は多岐にわたる。

Back number