よみもの・連載

永遠の犬

第十一回

新堂冬樹Fuyuki Shindou

『わかった、任せよう』
 押し殺した声で、篠宮が沈黙を破った。
「ありがとうご……」
『ただし、必ず近江明人を僕の前に連れてくるんだ!』
 篠宮が、南野に最後まで言わせず、命じた。
「任せてください! 来月には、実現します。では、五時に『アカデミアプロ』に行ってきます。また、ご報告します」
 南野が電話を切ると、間を置かずに着信が入った。
 着信の主は、島内だった。
「南野です。もしかして、今日、ご都合が悪くなりましたか?」
 折り返しかかってきた電話に脳裏を過(よぎ)った懸念を、南野は口にした。
『いえいえ、そうではありません。実は、夕方に南野さんと会うことを話しましたら、近江から同席させてほしいと言われまして』
「近江さんが同席!?」
 思わず、南野は訊ね返した。
『ええ。制作会社の社長さんから、直接話を聞きたいのでしょう。大丈夫ですか? もし日程を変えたほうがいいなら……』
「いえ。今日で構いません! 愉(たの)しみにしていますと、近江さんにお伝えください。では、後ほど」
 電話を切った南野は、逸(はや)る気持ちを抑えきれずに玉川通りを駆け出していた。
 自宅まで、あと数十メートルだ。
 近江明人がわざわざ乗り出してくるとは、続編の出演に乗り気な証拠だ。
 玉川通りを左に曲がり、住宅街に入った。
 十数メートル先……自宅の前に見覚えのあるエルグランドが停まっていた。
「突然、ご自宅に押しかけてすみません」
 南野が近づくと、エルグランドから三村が降りてきた。
「どうしました? 御用なら、電話をかけてくださればよかったのに」
「電話では無理なお願い事がありまして……」
 三村が言い淀(よど)んだ。
「立ち話もなんですから、中へどうぞ」
 南野は三村を自宅に促した。
 いまは午後二時半を回ったばかりだ。
「アカデミアプロ」の事務所は青山なので、四時半に家を出れば間に合う。

プロフィール

新堂冬樹(しんどう・ふゆき) 小説家。実業家。映画監督。98年に『血塗られた神話』で第7回メフィスト賞を受賞し、デビュー。“黒新堂”と呼ばれる暗黒小説から、“白新堂”と呼ばれる純愛小説まで幅広い作風が特徴。『無闇地獄』『カリスマ』『悪の華』『忘れ雪』『黒い太陽』『枕女王』など、著書多数。芸能プロダクション「新堂プロ」も経営し、その活動は多岐にわたる。

Back number