よみもの

◆2018年新春座談会 安部龍太郎×村木嵐×原口泉◆  
□明治維新をけん引した薩摩の「力」
江口
明治維新を中心になってけん引した薩摩藩の他の藩とは違う独自性については、みなさんどのようにお考えでしょうか?
原口
薩摩藩がなぜ明治維新の中心になれたかと言うと、第一に政治力ですね。佐賀藩主の鍋島直正(なおまさ)と島津斉彬はいとこ同士。鳥取藩主の池田治道(はるみち)の娘の弥姫(いよひめ)と斉興の間に生まれた息子が島津斉彬と島津斉敏(なりとし)で、斉彬は薩摩藩主になり、斉敏は岡山藩主になった。
村木
薩摩藩と岡山、土佐、佐賀、鳥取藩などが横のつながりを持っていたということですか。それはおもしろいです。
原口
さらに重要なのは、京都の近衛家の近衛忠煕(ただひろ)、近衛忠房(ただふさ)の夫人がいずれも島津家の姫で、さらに、十一代家斉(いえなり)、十三代家定(いえさだ)の二人の徳川将軍の御台所がいずれも薩摩から(広大院〈こうだいいん〉、天璋院〈てんしょういん〉)であるということでしょうか。
村木
薩摩の女ってかしこかったんですね。
安部
確かに、なぜ明治維新を薩摩が主導できたかという意味では、そういった藩同士のつながりは、ものすごく重要ですね。
原口
第二に挙げられるのが軍事力です。
村木
軍事力につながったのは、薩摩藩の場合は集成館事業ということになるのでしょうか?
原口
そうですね。
村木
先ほど、ここ仙巌園に隣接している資料館を見てきました。
安部
島津斉彬が始めた洋式産業への転換ですよね。日本で最初の洋式工場群がこのあたりにあったわけだ。
原口
最後に外交力や情報力。時には、海外情報に基づいて、諸外国との外交を、幕府とは無関係に、どんどん進めていったわけです。一八六五(慶応元)年には、英国へ留学生が十九名行っているし(国禁を犯して派遣した)、使節がイギリス、フランス、ベルギーにいて、(現地の)新聞を翻訳した報告が薩摩に定期的に届けられていますから、もう圧倒的な海外情報力の差です。
□西郷隆盛の登場
原口
さらに薩摩藩は教育力も持っていました。斉彬の一番の弱点は、江戸生まれの江戸育ちで農業を知らないということ。まず改革を進めるには、下級の家臣団の心をとらえなければいけないと考えて、領民に意見書を出すように伝えたそうです。そこで、西郷吉之助、後の西郷隆盛の農政に関する上書が目にとまったわけです。
 西郷が他の人と違うのは、十年間も郡方書役助(こおりかたかきやくたすけ)という下っ端の農政担当をやっている。これだけ長い間、下積みをして農村を走り回っている人はいません。
村木
確かに聞いたことがないですね。下級武士は十五、六歳で役人になる時代ですよね。
原口
年貢率の「八公二民」とか役人の不正、身分差別に関することなど、農村の実態を踏まえた西郷の改革意見は、時には調所批判となって改革へと結びついた。薩摩の農村の現場には、上司から学びながら、実態に即した改革の意見書をつくることができる稀有な人間がいたわけです。
安部
その一人が西郷隆盛だったんですね。
□「土着性」ー薩摩武士の秘密
原口
僕は、薩摩武士の本質は土着性だと思います。郷士[地方の外城(とじょう)に住む外城士]にしろ、ほとんど朝から晩まで農業をしているわけです。四十七石ももらっている城下の侍の西郷だってシラス台地に野屋敷を構えて農業をやっていて、自分で食うものは自分でつくっているわけです。これが当たり前なんですよ。このような本質的な土着性を持った人間の集団が新しい国家づくりというものをやっていったのだと思います。
安部
薩摩の環境はやっぱり特殊ですよね。これは故原口虎雄先生[原口泉氏の父親で、元鹿児島大学名誉教授]の『幕末の薩摩』から得た知識なんですが、全人口の中で二六・三八%が武士だったんですよね。
村木
え、四分の一以上が武士ってことですよね。
安部
そう、そう。そんな藩は他にないですよ。
原口
ないです、ないです。
安部
圧倒的多数の武士が貧困層で、自活しないと食えないような生活の中でずっと生きてきた。それから身分差別もあって、エリート層はたった一握り。島津家の家臣は圧倒的多数が貧困武士だったという矛盾した状況が、桜島みたいにあるエネルギーを秘めていたと。


   4    次へ

 
〈プロフィール〉
安部龍太郎

1955年福岡県生まれ。図書館に勤務するかたわら、短編で日本全史を網羅した『血の日本史』で90年デビュー。2005年『天馬、翔ける』で第11回中山義秀文学賞を受賞。13年『等伯』で第148回直木賞を受賞。著書に『信長燃ゆ』『海神』『関ヶ原連判状』『恋七夜』『宗麟の海』ほか多数。
村木 嵐

京都府生まれ。2010年『マルガリータ』で松本清張賞を受賞しデビュー。著書に『雪に咲く』『島津の空帰る雁』『地上の星』など。
原口 泉

1947年鹿児島県生まれ。鹿児島県立図書館館長。志學館大学教授。鹿児島大学名誉教授。東京大学文学部卒、文学修士。専門は日本近世史・近代史で、薩摩藩や琉球史に詳しい。大河ドラマ「西郷どん!」の時代考証にも携わっている。
司会/集英社文庫編集長
江口 洋