連載
「沖縄コンフィデンシャル」
第一章 ノエルの秘密 高嶋哲夫 Tetsuo Takashima



 声が上がったのは、店の奥からだった。
 女性の悲鳴だ。
 反町雄太(そりまちゆうた)は反射的に立ち上がり、持っていたビールジョッキをテーブルに置くと奥に走った。その後に天久(あめく)ノエルと赤堀寛徳(あかぼりひろのり)が続く。
 ケネス・イームスが食べかけたハンバーガーを皿に戻すと、三人の後を追ってきた。
 トイレに通じる通路は悲鳴を聞きつけた客で溢れている。
 午後八時すぎ、那覇市、泊港(とまりこう)近くにあるレストラン〈ウエイブ〉は、百名近く入る客席がほぼ満席だった。キャンプ・キンザーも近く、地元の若者に人気のある店で若いアメリカ人も多い。普段は陽気な英語の会話がいたるところから聞こえる。
 反町は人混みをかき分けて、最前列に出た。
 トイレのドアが開き、床に男があおむけに倒れている。女がしゃがみ込んで介抱しているが様子がおかしい。男の胸に両手を当てて自身は揺れるように身体を揺すっているだけだ。目も視点が定まらず、泳いでいる。
 女は金髪だが日本人だ。まだ十代くらいに見える幼い顔をしている。倒れているのは白人の若者。GIカットで細身、二十歳を少しすぎたくらいだ。口元と床が嘔吐物で汚れている。
 反町は女を男から引き離して、男の脈と瞳孔を調べた。脈は弱く、瞳孔の反応は鈍い。頭を見たが打ったわけではなさそうだ。
「救急車を呼んでくれ。急げ」
 背後の人垣に向かって怒鳴った。
 反町の横に立つノエルがスマホを出してボタンを押している。
 男を見つめていた赤堀が反町の前にしゃがんで顔をしかめた。
「酔っ払って倒れて頭でも打ったか」
「薬物をやったんだろ。それも、やりすぎたようだ」
 反町は床に座り込んでいる女を目で指した。
 そのとき、集まっている人をかき分けて中年の男が入ってきた。
 黒服に蝶ネクタイ姿は店長か。
「あんたら、誰だ。ここでおかしなことをされちゃ困る。警察を呼ぶぞ」
「俺たちがその警察だ。ちょうど店に居合わせた」
「なんか証拠はあるのか」
 黒服の男が一瞬驚いた顔をして、よけい不審そうな眼を向ける。
 反町は赤いハイビスカス柄のアロハにジーンズ、スニーカーを履いている。いくらかりゆしウェアが公式の場でも認められる沖縄でも、反町の恰好は浮いていた。おまけにサーフィン焼けで異常に黒い。
「非番なんで何も持っていない」
 反町を押しのけて赤堀が警察手帳を見せた。
 黒服と周りの者たちの表情が変わった。
「私たちは警察よ。すぐに救急車が来る。みんな、下がって。これじゃ運べないでしょ」
 ノエルがトイレをのぞき込んでいる若者たちに向かって言う。
「酔っ払って倒れただけです。ストレッチャーが来て、搬送するので道を空けてください」
 黒服が若者たちにテーブルに戻るように言っている。
 ケネスが遠慮がちに倒れている白人男性に近づいて顔をのぞき込んだ。



1         10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 次へ
 
〈プロフィール〉
高嶋哲夫(たかしま・てつお)
1949年岡山県玉野市生まれ。慶應義塾大学工学部卒業、大学院修士課程修了。
日本原子力研究所研究員を経て、カリフォルニア大学に留学。
79年、原子力学会技術賞を受賞。
94年『メルトダウン』で第1回小説現代推理新人賞を受賞。
99年『イントゥルーダー』で第16回サントリーミステリー大賞・読者賞をダブル受賞。
著書に『M8 エムエイト』『TSUNAMI 津波』『原発クライシス』『首都崩壊』など多数。
※本サイトで連載していた『琉球コンフィデンシャル』は『沖縄コンフィデンシャル 交錯捜査』に改題し、集英社文庫より好評発売中です。本連載は、その続編となります。
詳しくは BOOK NAVIへ
Back number
第五章 強制捜査
第四章 ノエルの父
第三章 ドラゴンソード
第二章 二つの血
第一章 ノエルの秘密