連載
「沖縄コンフィデンシャル」
第一章 真実の行方 高嶋哲夫 Tetsuo Takashima

1 

 心地よい音。さらに眠りに引き込もうとする音。
 静かな子守唄にも似た波の音だ。こんな音をスマホの呼び出し音にするのはバカだと言ったのは、ノエルだ。
 反町(そりまち)は目を閉じたまま手を伸ばし、枕元を探ってスマホをつかんだ。
〈今、どこにいるの〉
 ノエルの声が飛び込んでくる。
「家だ。俺は今、睡眠中だ」
〈一課は暇でいいね。何時だと思ってるの〉
「知らない。昨日の夕方から張り込みをやって、コンビニ強盗を一人逮捕した。垂れ込みがあった。報告書を書いて帰宅したのが――」
 目を開けると強い陽光が脳の奥まで流れ込んでくる。
 デスクのデジタル時計に目をやると午後一時だ。まだ一時間も寝ていない。
〈今、那覇中央病院。頭から血を流した女性が病院に運び込まれた。かなりひどい傷。新都心のショッピングセンターの駐車場で襲われた。ハンドバッグを取られそうになって、抵抗したら殴られて車止めに頭をぶつけたらしい〉
「引ったくりか。おまえとどういう関係がある」
〈第一発見者がアメリカ人の老夫婦。だから私が呼ばれた〉
「引ったくりだろ。所轄の刑事が行ってるはずだ。なんで、わざわざ俺に知らせる。具志堅(ぐしけん)さんからの呼び出しもない」
〈来れば分かる。私に言えるのはそれだけ〉
 病院名を繰り返して、電話は切れた。
 スマホを置くと同時に、また波の音が聞こえる。やはり、この着信音は正解だった。サーファーの反町には、心の切り替えができる。
〈那覇中央病院だ。そっちで会おう〉
 それだけで電話は切れた。具志堅からだ。彼は反町の相棒であり、大先輩のベテラン刑事だ。
 反町は勢いをつけて上半身を起こした。
 眠気の大部分は具志堅からの電話で消し飛んでいたが、全身がだるい。身体は正直で、まだ睡眠を求めている。
 遅れると無言の制裁を受ける。のろまは俺の視野から消えろ、と具志堅の目は言っている。
 冷たいシャワーで身体から倦怠感を追い出し、自転車に飛び乗った。
 反町雄太(ゆうた)は二十九歳、巡査部長。沖縄県警刑事部捜査一課の刑事だ。
 与那原町(よなばるちょう)の宮良(みやら)よし枝(え)というお婆さんの家に下宿していて、県警本部まで本土から持ってきたロードバイクで通っている。



 2        10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 次へ
 
〈プロフィール〉
高嶋哲夫(たかしま・てつお)
1949年岡山県玉野市生まれ。慶應義塾大学工学部卒業、大学院修士課程修了。
日本原子力研究所研究員を経て、カリフォルニア大学に留学。
79年、原子力学会技術賞を受賞。
94年『メルトダウン』で第1回小説現代推理新人賞を受賞。
99年『イントゥルーダー』で第16回サントリーミステリー大賞・読者賞をダブル受賞。
著書に『M8 エムエイト』『TSUNAMI 津波』『原発クライシス』『首都崩壊』など多数。
※本サイトで連載していた『琉球コンフィデンシャル』は『沖縄コンフィデンシャル 交錯捜査』に改題し、集英社文庫より好評発売中です。本連載は、その続編となります。
詳しくは BOOK NAVIへ
Back number
第一章 真実の行方