連載
浮世奉行と三悪人
雀丸登場の巻 田中啓文 Hirofumi Tanaka



 晴天だ。風もない。大坂の空には無数のイカのぼりが揚がっていた。おなじみの鍾馗(しょうき)さま、金太郎、鎮西(ちんぜい)八郎に交じって、人気役者、人気力士などの絵柄もある。江戸では正月に揚げるというが、大坂では二月の初午(はつうま)頃がイカ揚げの盛りである。
 美人の顔や料理屋の屋号を大書したイカもある。美人画は新町の夕凪太夫(ゆうなぎたゆう)という花魁(おいらん)がみずから大金を投じて浮世絵師春梅斎北寿(しゅんばいさいほくじゅ)に顔を描かせたものだし、料理屋のほうは昨年末に阿倍野(あべの)に開店した「滝の茶屋」が拵(こしら)えたもので、つまりは「披露目」のためなのだが、派手好きの大坂人のあいだでは早くも評判になっていた。
「たかがイカ作るのに三百両もかけるとは、豪儀やないか」
「腹の太いやっちゃ。気に入った。贔屓(ひいき)にしたろ」
「贔屓もなにも、おまえなんぞに夕凪太夫呼ぶ甲斐性(かいしょ)も、『滝の茶屋』で飲み食いする甲斐性もないやないか」
「ほっといてくれ。向こうに知られんように贔屓にするんや。わしの勝手やろ」
 大坂市中には明るい声がはずんでいる。
 日本中を吹き荒れていた飢饉(ききん)の嵐もようやく収まり、米の穫れ高も落ち着いた。一時は浪花(なにわ)の地でも餓死者が一日に二百五十から三百を数え、それに対してなんの手だても講じない町奉行やここぞとばかりに米を買い占めて値を釣り上げる商人たちに憤った元与力の大塩平八郎が乱を起こしてから、まだ十年と経たぬ。あのとき大塩は船場(せんば)の商家を焼き討ちにし、それに端を発したいわゆる「大塩焼け」によっておよそ一万戸が灰燼(かいじん)に帰したのだが、大坂の皆はそんなこともすっかり忘れているようだ。
 せっかく趣向を凝らしたイカの数々だが、それを呑気に眺めているものはいない。往来の衆は皆、なにをそんなに急ぐことがあるのか、まっすぐまえを見つめて足早に行き交っている。よほど目先の金儲けに必死なのだろう。
 そんななかでひとり、難波橋(なにわばし)のなかほどで、欄干に寄りかかり、空に舞うイカの群れをぼんやりと見ている若者がいる。二十代半ばぐらいだろうか。印半纏を二枚重ね着し、紺木綿の腹掛けに同じ色のゆるい股引(ももひき)をはき、足には草履をつっかけている。どこから見ても職人の拵えである。彼は眼下の大川に目を移し、
「ようのぼってるなあ……きれいやなあ……」
 空を埋めるイカたちの絢爛(けんらん)な絵は、空だけでなく大川の水面にも映っている。ちらちら動く川のなかのイカたちを見ながら、
「空と川で倍楽しめるやなんて、えらい得やなあ」
 口調はあまり上方言葉っぽくはないが、損得を優先するところは大坂人らしい。
「そろそろ行くか。いつまでも油を売ってると、お祖母さまに叱られるからな」
 かたわらに立てかけてあった竹の束を肩に担うと、すたすたと歩き出した。枝葉もついたままの十数本の太竹を荒縄で束ねたものだから、かなり重いはずだが、その重さを感じさせないぐらい軽々と担いでいる。といって、竿竹売りでもないようだ。
 衣服もこざっぱりしており、髷(まげ)は上品な銀杏(いちょう)髷で、育ちの良さが感じられる。色白で、顔立ちもあっさりしており、眉も目も鼻梁も唇も細く、絵にしたらひと筆で描けそうだ。アクがまったくない、悪く言えばだれの心にも残らない顔立ちともいえた。



1         10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22   次へ
 
〈プロフィール〉
田中啓文(たなか・ひろふみ)
1962年大阪府生まれ。神戸大学卒業。
93年「凶の戦士」で第2回ファンタジーロマン大賞佳作入選、ジャズミステリ短編「落下する縁」で「鮎川哲也の本格推理」に入選しデビュー。
2002年『銀河帝国の弘法も筆の誤り』で第33回星雲賞日本短編部門、09年短編「渋い夢」で第62回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。
『水霊(ミズチ)』『辛い飴』『チュウは忠臣蔵のチュウ』等、著書多数。
Back number
雀丸登場の巻