連載
浮世奉行と三悪人
第八話 鴻池の猫の巻2 田中啓文 Hirofumi Tanaka

「たった今、旦さんが下吟味から帰ってきて、本吟味に出品される八匹のうちに入ったそうだす。ああ、うれしいなあ。雀丸さんもうれしおまっしゃろ」
「あ、ああ……はい、まあ、その……」
 雀丸は、園をちらちら見ながら言葉を濁した。玉吉はそんな雀丸の様子には気づかず、
「コマタは、あれからすっかりうちの店の人気者になりましたんや。はじめは近所のこどもらがいじめに来て石投げたり、叩いたりしよったし、店のもんも出入りの職人さんらも、こんな尻尾の分かれた猫、猫又とちゃうか、捨ててしもたほうがええんとちゃうか、て言うとったんだすけど、道隆先生が具合を診にきてくれはって、この猫の尾が分かれてるのは生まれつきや、こういう猫もたまにおるのや、てはっきり言うてくれはった。そのうえコマタが甘え上手で、可愛らしい仕草で懐くもんやから、店のもんも職人さんらもだんだん気に入るようになって、今では近所の連中が、猫又や、ゆうていじめに来ても、皆総出で追い返すようになりました」
「そ、それはよかったですねえ……」
「なんちゅうたかてコマタは毛並がええさかいなあ……天に抜けたらええのになあ……雀丸さんもそう思いまっしゃろ」
「ええ……まあ……」
 そのとき、園が言った。
「そんな猫がいるのですか。まるで知りませんでした。教えてくださればよかったのに……」
 雀丸は仕方なく、尾がふたつに分かれた黒猫が、青物市場の若い衆のせいで大怪我をし、雀のお宿に迷い込んできたのをこどもたちが保護したことや、その猫を猫合わせに出すつもりだった飼い猫が死んでしまった根子屋にあげた顛末(てんまつ)を園に話した。園は怒り出すことも泣き出すこともなく、大きな目をくりくりさせて、
「かわいそうな猫ですね。でも、助かってよかった」
「へえ、道隆先生のおかげだす」
「私も一度その猫が見たいです。天満の根子屋さんならうちの近くですし……」
 玉吉が強くうなずいて、
「ぜひぜひ見にきとくなはれ。ええ猫だっせ。きっと気に入りはりますわ」
 園は雀丸に向かって、
「私、猫合わせでその猫を贔屓(ひいき)することにします。うちのヒナの分もがんばってほしいです」
 雀丸は胸を撫で下ろした。
「では、私はそろそろ……」
 昼飯と仕事を……と言い掛けたとき、
「ごめーん、雀丸さん、いてはりまっかー」
 五、六人のこどもがぞろぞろと入ってきた。雀のお宿の連中だ。
(みんな寄ってたかって私に仕事をさせないつもりか……)
 雀丸は内心そう思いながらも愛想良く迎えた。
「雀丸さん、槌転び見たひと見つけたでー。五文おくれー」
 そう言ってこどもたちは手を差し出した。
(そうだ、忘れてた……)
 雀丸は財布を探り、なけなしの小銭を皆に渡した。



         10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23  次へ
 
.shtml" -->
〈プロフィール〉
田中啓文(たなか・ひろふみ)
1962年大阪府生まれ。神戸大学卒業。
93年「凶の剣士」で第2回ファンタジーロマン大賞佳作入選、ジャズミステリ短編「落下する縁」で「鮎川哲也の本格推理」に入選しデビュー。
2002年『銀河帝国の弘法も筆の誤り』で第33回星雲賞日本短編部門、09年「渋い夢」で第62回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。
『笑酔亭梅寿謎解噺』シリーズ、『鍋奉行犯科帳』シリーズ等、著書多数。
Back number
第八話 鴻池の猫の巻3
第八話 鴻池の猫の巻2
第八話 鴻池の猫の巻
第七話 鬼の霍乱(かくらん)の巻3
第七話 鬼の霍乱(かくらん)の巻2
第七話 鬼の霍乱(かくらん)の巻