よみもの・連載

元禄八犬伝 さもしい浪人が行く

第七話「空から落ちてきた相撲取り」3

田中啓文Hirofumi Tanaka

「てえことは、鮫ケ海がいねえと……」
 鮒ケ池は急に暗い顔になり、
「そうじゃ。わっしらだけでは相撲にならぬ。何奴部屋の力士とはなんとか五分で戦えると思うが、なにより避けたいのは大坂の素人(しろうと)相撲、鎧竜というやつに負けること。本職としてそんな恥なことはない。鮫関さえおられれば、不細工な真似(まね)は見せずにすむのじゃが……」
「あの大怪我じゃあ、鮫ケ海が見つかっても、相撲は取れねえぜ」
「それでもかまいませぬ。わっしらは鮫関が生きておられるというだけでも、うれしゅうござんす」
「ふーん……鮫ケ海てえのはよほどいいやつだったみてえだな」
「へえ……相撲を手取り足取り教えてくださるだけでのうて、わっしらをじつの弟のようにかわいがってくれとりました」
 鮒ケ沼はそう言って涙ぐんだ。左母二郎は、
「邪魔したな。帰(けえ)らあ」
 鮒ケ沼は皆を振り返り、
「おい、皆の衆、鮫関はご存命じゃ。こうなったら下手(へた)は打てんぞ。萩の相撲の名誉のためにも、皆、死ぬ気で稽古に精を出すのじゃ」
「おおうっ!」
 左母二郎が稽古場を出ると、さっきとは打って変わったきびきびとした稽古の音が聞こえてきた。
(それにしても、あの野郎……どこにいやがるんだ?)
 左母二郎はふところ手をして歩き出した。小文吾(こぶんご)はここへも来なかった。

「強い……強すぎる!」
 世直し大明神は嘆息した。
「なんどおっしゃいましても同じことだっせ」
 万書堂卯左衛門(まんしょどううざえもん)が言った。
「ふたりの供侍はともかく、この世直し大明神の必殺の剣をかわすとは……」
「どうなさいます」
「鮫ケ海ならともかく、鮒ケ池ではとてもかなわぬ。このままでは鎧竜が優勝してしまう。どんな手を使(つこ)うてもそれだけは阻まねばならぬ」
「けど、どないして……」

プロフィール

田中啓文(たなか・ひろふみ) 1962年大阪府生まれ。神戸大学卒業。
93年「凶の剣士」で第2回ファンタジーロマン大賞佳作入選、ジャズミステリ短編「落下する縁」で「鮎川哲也の本格推理」に入選しデビュー。
2002年『銀河帝国の弘法も筆の誤り』で第33回星雲賞日本短編部門、09年「渋い夢」で第62回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。
『笑酔亭梅寿謎解噺』シリーズ、『鍋奉行犯科帳』シリーズ等、著書多数。

Back number