よみもの・連載

元禄八犬伝 さもしい浪人が行く

第七話「空から落ちてきた相撲取り」5

田中啓文Hirofumi Tanaka

 左母二郎はふたたび座り直した。行司が、
「それでは先ほど、行司役立ち会いのもとにて行われたる厳正な籖引きによる組み合わせを発表いたす。第一番の取り組み、蛙ケ沼にへろ登、第二番の取り組み、鮫ケ海にはへろ錦、第三番の取り組み、鮒ケ池には鎧竜、第四番の取り組み、鰻川には錦ノ明、第五番の取り組み、泥鰌湖には錦ノ袈裟……。以上の勝者でふたたび籖引きを行い、二回戦の組み合わせを決め申す」
 うわっ、という歓声が上がった。
「聞いたか、鮫ケ海とへろ錦が当たるんやと。へろ錦は、言うたかて何奴部屋の二番手で関脇(せきわけ)格やで。いきなり鮫ケ海が負ける、ゆうこともあるんとちゃうか」
「それを言うなら、鮒ケ池は萩の関脇や。なんぼ鎧竜が強い、いうたかて、玄人(くろうと)の関脇には通じるかどうか……。こらあ、いきなり大番狂わせがあるかもしれんでえ」
「なに言うとんねん。おまえは萩の回しもんか!」
「回しもん、て……だれを応援しようと勝手やろ」
「大坂の人間なら鎧竜を応援せんかい」
「やかましいわ。わいは鮒ケ池に賭けとんねん。ほっといてくれ」
「なんやと、裏切もんが!」
「言うたな、このガキ!」
「痛い痛い……おまえがそう来るならわいもこういう具合に……」
「ほたら、わしも帯をこう取って……」
「ほな、わしは行司するわ。残った残った。残った残った」
 客席で、土俵上より先に相撲が始まったりしている。とにかくそれぐらいの熱気なのである。だれも、鮫ケ海が本ものでないことには気づいていないようだ。
「おかしいのう……」
 鎧竜は首を傾げた。
「おとうの姿が見えぬ。砂被(すなかぶ)りで声援してくれるものと思うていたが……どうしたのじゃ」
 鎧竜の頭に、昨夜、父親が言った「自分になにかあっても気にせず、相撲にだけ専念せよ」という言葉が浮かんだ。
「そうじゃ、わしはとにかく目のまえの相撲に勝たねばならぬのじゃ」
 鎧竜は悪い想像を追い払った。
 第一番、蛙ケ沼にへろ登は蛙ケ沼が押し出して勝ち。第二番、鮫ケ海にへろ錦は鮫ケ海が上手(うわて)投げで勝ち。へろ錦は土俵に思い切り叩きつけられ砂だらけになったが、鮫ケ海は持っている力の十分の一も出していないようだ。第三番、鮒ケ池に鎧竜は突き出しで鎧竜の勝ち。萩の二番手である鮒ケ池の指が鎧竜に届くまえに、ずどん! と両手で突くと、鮒ケ池は吹っ飛び、土俵の外に転がり出た。

プロフィール

田中啓文(たなか・ひろふみ) 1962年大阪府生まれ。神戸大学卒業。
93年「凶の剣士」で第2回ファンタジーロマン大賞佳作入選、ジャズミステリ短編「落下する縁」で「鮎川哲也の本格推理」に入選しデビュー。
2002年『銀河帝国の弘法も筆の誤り』で第33回星雲賞日本短編部門、09年「渋い夢」で第62回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。
『笑酔亭梅寿謎解噺』シリーズ、『鍋奉行犯科帳』シリーズ等、著書多数。

Back number