連載
「まぼろしの維新」
第一章 新政府 津本 陽 Yo Tsumoto
 西郷隆盛は東京、鹿児島に現存する銅像、軍服を見てもわかる通り、巨大な体格の持主であった。
 いかなる逆境にのぞみ、櫛風沐雨(しっぷうもくう)にさいなまれても堪えぬくだけの健康にめぐまれていたと想像しがちであるが、実は常に持病のフィラリアに苦しめられていた。蚊によって伝染する線虫が人体に寄生し、血液、リンパ液のなかで増殖し、象皮病(ぞうひびょう)をおこすのである。
 隆盛は第二十八代薩摩藩主島津斉彬(なりあきら)の股肱(ここう)としてはたらいたが、君主急死ののち、国父となった島津久光(ひさみつ)の命によって、安政の大獄による幕府の追及を逃れるため奄美大島に安政五年(一八五八)十二月末から三年余、潜居していた。このときフィラリアに感染した。三十二歳の頃である。病名は慢性陰嚢水腫(いんのうすいしゅ)である。
 隆盛の肥大した睾丸は、白木綿で吊りあげ、肩へかけなければ軍装ができなかったといわれるが、実情を想像しにくい。
 吉之助をあらため隆盛という名を用いたのは、明治三年五月から後である。彼は明治二年六月二日の太政官令で王政復古、戊辰戦争で勝利を得て維新の大業をなし遂げた功績の賞賜(しょうし)、賞典禄として在世の間、年二千石を下されることとなった。さらに九月二十六日に正三位に叙せられた。
 隆盛は賞典禄、叙位(じょい)の返上をただちに奏上(そうじょう)したが、正三位の返上だけをうけいれられたので、賞典禄は鹿児島県庁に預け、私学校建設などの資金にあてることになった。
 隆盛は賞典禄、叙位を将官たちが受けるのは不当であると見ていた。それらは戦場で活躍し命を落した士卒に与えるべきである。上司が栄典をうけるのは、今後の政府において私利私欲をはかって行動する弊風(へいふう)を招きかねないというのである。
 フィラリアによる陰嚢水腫は二貫五百匁(九・四キロ)に肥大して、踵(かかと)に届く者もあったという。
 隆盛の病状はそれほどひどいものではなかったが、鳥羽伏見の戦ののち東征大総督府参謀として江戸無血開城に成功するまで悪化する体調をこらえた。東北征討大総督参謀をつとめ、庄内藩降伏に際し寛大な措置を講じたのち、十月に京都へ戻り、十一月にすべての地位、栄誉を捨て鹿児島に帰郷した。
 新政府軍隊の最高指導者として、戦場においては「死に癖」といわれるほど、危険な最前線に身をさらすことを望んだ隆盛は、旧主斉彬の腹ちがいの弟久光が、わが息子忠義(ただよし)を藩主として、自ら国父と称し、旧幕府解体のあとをつぎ島津幕府を出現させるのを怖れていた。
 幕府を倒し天皇をおしたてた政府をつくるため、命を捨ててきた志士たちの行動は「人間役(じんかんやく)」ではなかったと隆盛はいう。人間とは物欲に汚れた俗世間のことであった。
 隆盛は旧主斉彬のもと命がけではたらいたが、久光は俗世を好む固陋(ころう)な人物として嫌っていた。
 このため、帰郷ののち朝廷の徴士(ちょうし)になるのを辞退しつづけたのである。新政府は薩摩藩の戦力によって支えられていたので、隆盛がいなければ久光、忠義父子は徳川幕府のあとを継ぐ、島津幕府を成立させる方針をとりかねない情勢だった。


1         10 11 12 次へ
 
〈プロフィール〉
津本 陽(つもと・よう)
1929年3月23日和歌山市生まれ。東北大学法学部卒業。78年『深重の海』で第79回直木賞を受賞。95年『夢のまた夢』で第29回吉川英治文学賞を受賞。97年紫綬褒章、2003年旭日小綬章を受章。05年菊池寛賞を受賞。主な著書に『明治撃剣会』『薩南示現流』『黄金の天馬』『宮本武蔵』『下天は夢か』など多数。
Back number
第十七章 城山へ
第十六章 沈む陽(ひ)
第十五章 日向路の雨
第十四章 敗走
第十三章 手負い獅子
第十二章 田原坂
第十一章 露の命
第十章 血戦
第九章 出陣
第八章 雷雲迫る
第七章 炎の気配
第六章 士魂とは
第五章 隆盛辞職
第四章 風浪のとき
第三章 怨恨の道程
第二章 恩讐の道程
第一章 新政府